Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Mar 18, 2019

「映画で、アジアから世界が繋がっていければ…」。『孤狼の血』役所広司、香港でも主演男優賞受賞!

2019年3月17日に香港で開催された「第13回アジア・フィルム・アワード」。アジア版のアカデミー賞とも言いかえることができる本受賞式で、俳優の役所広司が『孤狼の血』大上章吾役で主演男優賞を受賞した。さらに映画会での活躍を称える特別賞エクセレンス・イン・アジアン・シネマ・アワードも受賞し、W受賞の快挙となった。

 

Photo:(c)Asian Film Awards Academy

 

 

(左から)『孤狼の血』企画プロデュース:紀伊宗之 / 主演:役所広司

 

“今年のアジア映画界で最高の男優”として評価された役所。特別賞のエクセレンス・イン・アジアン・シネマ・アワードは受賞することが事前に確定していたので、その発表に向けて英語・北京語でのスピーチを用意していたという。しかし、主演男優賞に関しての分は、全く用意をしておらず、受賞確定の瞬間は、一瞬間を置いて、「え?俺?」と周りを見渡し驚きの様子。ステージに上がった役所は、「しまった…。僕の英語は全て先程の受賞の時に使ってしまいました…。日本語で話します。」と穏やかな表情で喜びを伝え、会場を和やかな雰囲気で包んだ。

 

「日本映画を愛しくれる海外のジャーナリストいてくれることはとても嬉しい。映画で繋がって、お互いのことがわかり合えるような世界になると嬉しいですね。」とコメントした。また、受賞前のインタビューでは、意外にも「香港に来たのは、はじめて」と話していた役所だったが、受賞後のインタビューでは「香港という場所が本当に好きになりそうです!」と再び喜びを表していた。

なお、授賞式前のインタビューについては、後日当サイトで公開するのでお楽しみに。

 

『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会

 

『孤狼の血』は昭和60年代の広島が舞台の作品。ヤクザの世界を取り締まる型破りなアウトロー刑事と、若き新人刑事とのそれぞれの視点で「正義とはなんぞや!?」を観客に訴えかける。今年行われた第42回日本アカデミー賞では、21年ぶりに最優秀主演男優賞を受賞した役所広司。同作で助演男優賞を受賞した松坂桃李と揃って受賞したことも記憶に新しいが、劇場で本作を見逃した方はぜひブルーレイ/DVDで男たちの熱いストーリーを体感してほしい。

 

Comments

Scroll to top