Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

『追捕 MANHUNT』ジョン・ウー監督が来日!GAGAラインナップ発表会

4月26日(水)、東京・草月ホールにて「2017-2018ギャガ株式会社ラインナップ発表会」が開催され、公開が予定されている全31本作品紹介が行われた。そして、2018年に公開が予定されているチャン・ハンユー&福山雅治主演の『追捕 MANHUNT(原題)』のジョン・ウー監督が作品のプレゼンテーションのために来日し、迫力の本編映像を初披露した。

gaga_9178s

大きな拍手で迎えられたジョン・ウー監督は冒頭の挨拶では笑顔で「コンニチワ」と挨拶。本作の監督を引き受けた理由について「子供の時から日本映画が大好きでよく見ており、日本映画から様々な影響を受けてきました。特に高倉健さんや三船敏郎さんが自分にとってのアイドル的存在だった」と語った。さらに以前、高倉さんにお会いした際に、一緒に仕事をしたいと話していたそうで、残念ながらそれが叶わず、どうにか高倉さんが出演していた作品を制作して祈念したいと思っていたそう。そんなタイミングで1976年に『君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ』というタイトルで高倉健さん、原田芳雄(よしお)さん共演で公開された作品の再映画化の話をいただき、即答で引き受けたというエピソードを語った。本作で主演を務めた福山雅治さんとの仕事についてジョン・ウー監督は「優しくて人間味がある方でこの方が出演してくれればさらに良い役柄になると思った。実際に撮影中、彼の笑顔を見ると周りのスタッフがホッとしていました」と福山の人柄を絶賛。


大阪で行われた撮影については、「日本のスタッフのプロ意識の高さはハリウッドに負けていないですし、尊敬に値する。」と絶賛。特に大勢のエキストラを集めた撮影では「文句ひとつ言わずに自分の望み通りの動きをやってくれてありがたった。エキストラの方々のためにもちゃんと作らなければと思った。」と日本人の素養の高さについて感想を語ると、現場で遭遇した大阪のおばちゃんが誰にでも「あめちゃんやろうか?」という大阪文化に触れたエピソードに振れ、会場の笑いを誘った。
登壇の最後にジョン・ウー監督は「この作品は自信がありますし、素晴らしい作品になりますので期待していてください!」と力強く話した。


そして、当日来場者のみが見れるインナー用のメイキングと特報映像が初披露された。大坂の街中や駅中を逃げるチャン・ハンユー演じる無実の罪を着せられた国際弁護士と彼追う福山雅治演じる敏腕刑事や、豪華パーティシーン、ジョン・ウーならではの鳩の舞うアクションシーンや水上バイクのスタントナシの演技等々見どころの一部が垣間見え、仕上げ作業中の本編の出来への期待が高まる。

gaga_9208s

『追捕MANHUNT』(原題)
西村寿行原作小説『君よ憤怒の河を渉れ』(徳間書店)の再映画化。1976年の映画化は高倉健、原田芳雄共演、当時映画版タイトルは「憤怒」の読み方を変え『君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ』となった。中国本土では『追捕』というタイトルで公開。文化革命以降初めての海外映画の大作として公開、社会現象となるほどの大ヒットとなった。本作品の中国公開は2018年初春予定、日本公開も2018年の予定だ。

ストーリー:
国際弁護士・杜秋(読み;ドゥー・チル/俳優チャン・ハンユー)は、大阪の製薬会社の顧問弁護士を辞職、自身の送別パーティー後、突如、同僚女性殺害の容疑を受ける。敏腕警部・矢村聡(福山雅治)は、彼を追いつめながら同時に殺人事件の状況証拠を怪しく思い、容疑そのものに疑問を持ち始める。

2018年公開予定/配給ギャガ
監督:ジョン・ウー 出演:チャン・ハンユー、福山雅治、ハ・ジォン、チー・ウェイ、桜庭ななみ他
(C)2017 Media Asia Film International Ltd. All rights Reserved.

Comments

Scroll to top