Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Dec 09, 2018

チケットは一瞬で完売!『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』完成披露上映会

2012年よりCS放送ファミリー劇場にて不定期放送されているオカルト・エンターテインメント番組を映画化した『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』の完成披露上映会が12月6日、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた。
この日は映画に出演するロックミュージシャン・作家の大槻ケンヂ、コラムニスト・漫画家の辛酸なめ子、オカルト研究家の吉田悠軌、ナレーションを担当した声優の上坂すみれ、そしてオリバー君を招聘し、石原慎太郎ネッシー探検隊を率いるなど、70年代オカルトブームのど真ん中にいた伝説の“暗黒プロデューサー”康芳夫が登壇した。

 

 

かつて日本中を熱狂させたオカルトブーム。だが現在では“インチキ”“オワコン”扱いされるなどオカルト不遇の時代を迎えている。そこで今回の劇場版では、サイエンス・エンターテイナー飛鳥昭雄、作家でありオカルト研究家の山口敏太郎、そして作家でありUMA研究家の中沢健ら平成のオカルトシーンをけん引し続ける“オカルト三銃士”にオカルトの未来を託し、全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンによって“オカルト=オワコン”説を覆すことができるのか。彼らのプレゼンを映し出す。
 
この日のチケットは一瞬で売り切れになったのだという。大勢の観客を前にした大槻は「『緊急検証!』シリーズはファミリー劇場で数年やっていて。大みそかには『紅白オカルト合戦』というのをやっていたんですが、今回、映画化されるということで驚いております。今日は映画を楽しんでください」とあいさつ。辛酸も「人類が滅亡するんじゃないかというノリだったんですが、映画が公開されるということで、地球が平和だということを実感させられます。収録の日は咳ぜんそくになってしまい、苦しくて。映画に咳が入ったらどうしようと心配していましたが、(入っていなくて)良かったです」と彼女らしいユーモラスなコメントで会場を沸かせる。

 

さらに「今日は携帯が通信障害になったり、都営地下鉄が止まったりして。何者かの巨大な陰謀が上映を阻止しようとしたとしか思えない。でも皆さんのおかげで、上映までこぎつけたという思いです」と吉田が冗談を交えながらも観客に感謝を述べると、上坂が「いち視聴者として『オカルト紅白合戦』を楽しみにしているとつぶやいたら、それをスタッフが発見してくれて。オーディオコメンタリーをやらせてくれたり、今回の映画ではナレーションまでやらせていただいた。スタッフの皆さんのフットワークの軽さに驚いております。今回はオカルト三銃士の知られざる姿が見られると思うので、ぜひ大スクリーンで観てもらいたい」と付け加えた。

 

そして最後に康が「50年くらい前に石原元都知事をリーダーに、ネッシー探検隊を結成して。現地(スコットランドのネス湖)に一年くらいいました。だからこの映画の中にわたしが登場すると聞いてビックリしました。2、3日前に完成した映画をDVDで観てみたところ、とてもシリアスな内容に作っていた。ここまでしっかりと作るなら、続編を作ったらいいと思います」とお墨付きを与えた。

 

舞台挨拶終了後は、報道陣に向けた囲み取材を実施。「僕は今日の朝に映画を観たんですけど、朝からクラクラしました」と大槻が語れば、上坂も「スタッフさんと一緒に完成した映像を観たんですが、みんなですごく盛り上がったので。応援上映に向いているんじゃないかと思いました。友だちのオカルト仲間と、思い切り声を出して上映会をしたい。映画では、ユリ・ゲラーさんが観客に語りかけるシーンがあって。それはわたしのような平成生まれにはできなかったすごい体験なので、若い方にもぜひ観てもらいたいですね」と付け加えた。

 

そして康は、「いわゆるオカルトとカルト、精神の狂気と正気、カルトと反カルトというように区分けする意味が分からないというのが僕の哲学。僕はネッシーを探検しに行って、オリバー君を招へいしたことがありますが、それはオカルトだとは思っていない」と自身のポリシーを語ると、大槻も「オリバー君が猿なのか人間なのかという点も、虚と実のボーダーラインがあいまいだというところは共感します。この映画も、そのあたりのグレーゾーンというか、あいまいなところを突いているなと思いますね。この映画なのか何なのか分からないような映画が映画館にかかるということが、ボーダーレスということを、ものの見事に現しているなと思いました」と感心した様子をみせた。

 

 

『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』は2019年1月11日(金)より、ユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開。
なお、現在YouTubeにて予告編を公開中(https://www.youtube.com/watch?v=vTLrAJmq-5A)。当時のオカルトブームの真っ只中にいた男たちが映し出され、また海外ロケまで行ったことが分かり、これまでのテレビシリーズとは次元の違うスケールである作品に仕上がっている。

果たしてネッシーは本当にいるのか?ユリ・ゲラーの超能力は本物だったのか?そして、気になる「地球のラストを公開する」とは一体どういうことなのか?全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンで、過去を凌駕する衝撃や驚きとともに、日本中をワクワクさせることは出来るのか?今から公開が待ち遠しい!

Comments

Scroll to top