Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

あなたは知っているか!アメコミ全盛時代に日米ハイブリッドの新たなヒーロー「パワーレンジャー」が誕生!

これまで、「アベンジャーズ」「ダークナイト」「スパイダーマン」などハリウッドで生み出される数々の超大作には必ずヒーローが存在し、その姿に世界中が熱狂した。その勢いは近年加速し、2017年マーベルスタジオでは「スパイダーマン ホームカミング」、「マイティ・ソー」シリーズ第3弾などの映画化が控え、DCコミックも今年公開された「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」を皮切りにDCコミックのヒーローが大集結する「ジャスティス・リーグ」が控えるなど空前のヒーロー映画旋風が巻き起こっている。そして2017年夏、“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッド超大作「パワーレンジャー」がハリウッドから誕生! 本作の日本公開が7月15日(土)に決定し、最初のビジュアルが公開となった。

PR_teaser_B5_omote_fix

さらにキャスト陣には、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」「GODZILLA」「ブレイキング・バッド」などで大活躍中の名優ブライアン・クランストンの名前も。いったいどんな作品に仕上がるのか非常に期待が高まる。

「パワーレンジャー」は、日本の特撮シリーズ「スーパー戦隊」の英語版ローカライズとして全米で放送されているテレビシリーズで、1993年から現在までにシリーズ累計800話を突破。世界160ヶ国以上で放送されており、アメリカのTVドラマの中で「シンプソンズ」に次ぐ長寿番組として世界中から愛されている。また、クリスマスプレゼントに「パワーレンジャー」のおもちゃを買い求める大人たちが店に殺到する現象をモチーフにした映画「ジングル・オール・ザ・ウェイ」(1996)がアーノルド・シュワルツェネッガー主演で公開されるなど、大きな社会現象を呼び、アメリカで最も成功したジャパニーズコンテンツだ。そんな「パワーレンジャー」が2017年、ついにハリウッドの圧倒的スケールでリブート。日本人なら誰もが知るジャパニーズ・ヒーローが、誰も見たことがない、新たなヒーローとして覚醒する。

◆今回公開されたポスターについて:その力は、なぜ彼らに与えられたのか?
主人公はごく普通の高校生5人。あるとき驚異的なパワーを手にした彼らが本当のヒーローになるために自身の力と葛藤し、悩み、助け合い、立ち向かうー。「パワーレンジャー」は王道にして普遍的な等身大のヒーローの物語。解禁となるポスターには、「パワーレンジャー」のシンボルである稲妻をイメージさせる星空の下で運命に導かれるように出会った5人が佇む姿が描かれており、新たなヒーローの誕生とこれから始まる壮大な物語のはじまりを予感させるビジュアルとなっている。

◆STORY:遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。
小さな町、エンジェル・グローブに、普通に暮らす5人の若者がいた。ありふれた日々を過ごす彼ら。しかし、運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう”新たな力”を手にする。その力は、なぜ彼らに与えられたのか?いま、物語は再び動き出す――。

東映が生んだ「スーパー戦隊」シリーズから海を超えて飛び出した「パワーレンジャー」。日本公開は2017年7月15日(土)。今から楽しみだ。

【監督】ディーン・イズラライト、【脚本】ジョン・ゲイティンズ(「フライト」「キングコング: 髑髏島の巨神」「リアル・スティール」)、アシュリー・ミラー 
【製作総指揮】アリソン・シェアマー(「ローグ・ワン/スター・ウォーズ」「ハンガーゲーム」「シンデレラ」)、ブレント・オコナー(「グッド・ウィル・ハンティング」、「ジュマンジ」)
【キャスト】デイカー・モンゴメリー/RJ・サイラー/ナオミ・スコット/ベッキー・G/ルディ・リン/ビル・ヘイダー(「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」)/ブライアン・クランストン(「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」「GODZILLA」「ブレイキング・バッド」)、エリザベス・バンクス(「スパイダーマン」、「ピッチ・パーフェクト」シリーズ)
 (c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R.
 

Comments

Scroll to top