Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Oct 12, 2018

観光情報サイトの担当者が教える!SNS映えスポット&撮影テクニック ―沖縄編―

綺麗な景色を見たり、素敵な場所を訪れたりしたら、撮影してSNSに投稿するというのがもはや当たり前の時代になってきました。ただ「撮影テクニックに今一つ自信がない・・」お悩みの方もいるのでは?
今回はそんな方々のお悩みを解決すべく、沖縄ローカル観光情報サイト「たびらい」の編集担当がSNS映えスポット&撮影テクニックをご紹介します!

 

◆沖縄本島から行ける絶景スポット  古宇利島大橋◆


那覇からは、沖縄自動車道、国道58号線を通り、屋我地島を経由して行ける古宇利島。ここにかかる古宇利島大橋は青く澄んだ海と目の前に広がる古宇利島の風景が絶景!
この古宇利島大橋の一番高い所から撮影。広々とした風景と長く続く白い橋が突き抜けて見 えるようなスポットです。橋に長時間車を駐車できないのでご注意を!
 



人物が真ん中に映らないことでいつもと違う雰囲気に!
美しいビーチを撮影する場合、引きで全体を撮りたくなりますが、大人気の古宇利ビーチは人で溢れているので、見せたい場所を切り取って撮影するのも手。混雑する時間帯を避けて撮影することでひとり占め感のある写真を撮ることができます。 

 

◆エキゾチックなブルーを探しに  美浜アメリカンビレッジ◆


ショッピング、グルメ、エンターテインメントのショップが集結した美浜アメリカンビレッジ。地元客、観光客に人気のシティリゾートもSNS映えするスポットが豊富。ここから見えるサンセットやイルミネーションに彩られた夜景はもちろんですが、ウォールアートは外せません。
 

 

壁にしっかり寄りかかってポーズをとり、ファインダーギリギリまで寄りましょう。壁画と一体感がある仕上がりになります。全身(足の先まで)を入れたくなりますが、迫力に欠けてし まうので、あえて寄りで撮影。被写体の表情と鮮やかな羽のブルー・ピンクの壁が際立ちますね。

 

満喫した旅の思い出はSNSでシェアして「旅アト」まで楽しんでみてはいかがでしょうか? 今回の撮影で実際に使用したカットをたびらい特設サイト(http://www.tabirai.net/sightseeing/special/anasales/blue/)にて掲載しております。こちらもぜひご参照ください!

Comments

Scroll to top