Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

冬の札幌を彩る風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」開催中。点灯者になれるチャンスがあるかも?!

初冬の札幌を彩る風物詩として定着した「さっぽろホワイトイルミネーション」。昭和56年、大通公園西2丁目広場から約1千個の電球で始まったイルミネーションは、年々その規模・内容ともに充実し、国内を代表するイベントに成長し、今年で38回目を迎えます。
 


大通公園会場にはシンボルオブジェが設置されるほか、南北には札幌駅前通・北3条広場(アカプラ)や札幌駅南口を会場に、東西には南一条通を会場に立木装飾が美しくきらめきます。
この期間、街はイルミネーションの灯りとグリューワインの甘い香りで、幻想的な雰囲気に包まれます。

 


今年は、新クリスマスオブジェ「Gift of Snow」が登場する他、大注目の新コーナーでスペシャルなスイーツ体験ができたり、クリスマスを彩るスペシャルイベントも盛りだくさん!

 

 

また、大通公園2丁目では、「ミュンヘン・クリスマス市in Sapporo」が12月25日(火)まで開催されています。

 


ドイツ・ミュンヘンとの姉妹都市提携を結んでいる札幌市。ミュンヘンを広く市民に知っていただくきっかけにしようと年中行事のひとつであるクリスマス市を開催したのが「ミュンヘン・クリスマス市in Sapporo」の始まりです。
国内では札幌市でしか味わうことのできない「ミュンヘン・クリスマス市in Sapporo」にもご注目ください。

 

 


さっぽろホワイトイルミネーションでは、2018年12月24日(月祝)までの間の土日祝日の16:30に、4丁目会場にあるイルミネーションのスイッチを押してくれるカップルやグループを募集中。イルミネーションのスイッチを押せる貴重な体験ができるのも、さっぽろホワイトイルミネーションならでは。
ご興味のある方は公式アプリからダウンロード「点灯者募集」のボタンをタップ、必要事項を記入し応募してください。ダウンロードはこちら(https://white-illumination.jp/news/2374)。

 


冬の札幌ですから寒いのは当然。ただその寒さを吹き飛ばすほど札幌のホワイトイルミネーションは美しい!イルミネーション好きには忘れられない光景になることでしょう。ぜひ暖かくしてお出かけください!!

Comments

Scroll to top