昨年は過去最高69,731人の動員を記録!「東京コミコン 2020」開催概要が決定!

エンターテイメント

「東京コミコン2020」は、現在世界的に流行している新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、昨年までの来場型リアルイベント形式を変更し、2020年12月4日(金)~12月6日(日)までの3日間、オンラインによる開催実施を決定しました。

「東京コミコン」は2016年の第1回から、海外の有名俳優や著名アーティストとのコミュニケーション、映画で使用されたプロップの展示・撮影、コスプレイヤー同士の交流の場などを設け、ポップカルチャーの祭典として、毎年ファンの方々に熱狂と感動を積み上げます。実際に会場にて体験できることが最大の醍醐味であるイベントではあるものの、初年度の開催から積み上げてきた「東京コミコン」のカルチャーや理念を、今年はウィズコロナの環境に適した形に変更し、来年以降も開催を継続し、さらなる「東京コミコン」の成長を目指します。

■オンライン+幕張メッセ無観客中継
今年の「東京コミコン2020」は、オンライン会場として「Tokyo Comic Con World」(https://www.tccworld.jp/)を用意し、その中で例年行われている【ステージプログラム】【セレブエリア】 【コスプレエリア】【アーティストアレイ】【展示エリア】の他、【EC エリア】を無料での入場が可能な「無料コンテンツ・ゾーン(仮称)」として設置する予定です。また500円(税込)で開催期間に入場することができる「有料コンテンツ・ゾーン(仮称)」や、さらにバリューのあるコンテンツを楽しむことができる「プレミアム有料コンテンツ(仮称)」を準備する予定です。


Tokyo Comic Con World イメージ図(仮)

また「東京コミコン」の特色を出すべく、開催2日目の12月5日(土)12時からは、幕張メッセに例年通りステージを設置し、そちらで行われる各種プログラムの中継も行います。なお、幕張メッセにはステージの他にも、毎年人気コンテンツの実際に映画で使用されたプロップ(小道具)展示なども行います。
 
※オンラインコンテンツの詳細につきましては、公式サイト・SNSで随時発表していきます。

■メインビジュアルコンテスト絶賛開催中!
昨年大好評となったメインビジュアルコンテストが、本年も開催されます!「東京コミコン2020」の顔ともいえるメインビジュアルを決める今回のコン テストは、映画やアメコミなど、東京コミコンをイメージした作品を募集し、プロ・アマを問わずどなたでも参加することが可能です。

昨年は、ロンドン在住で映画業界のシニアアニメーターとして活躍している Zengさんが見事グランプリに選ばれ、ポスターやパンフレット、会場内など様々な場面で「東京コミコン2019」を華々しく飾りました。また、イベント当日は Zengさんも来日し、会場内にてファンとの交流を行い、東京コミコンの来場者の方からも大変好評をもらいました。

今回実施されるメインビジュアルコンテストから見事グランプリに選ばれた作品は、WEBやポスター、パンフレットの表紙、会場内ボード、コミコングッズ等で使用します。そして副賞として、来年度の東京コミコン 2021 3DAY PASSペアチケットと、作品の展示・販売を行うアーティストアレイコーナーでの出展ブース(1ブース)をプレゼントします!こちらのコーナーは、マーベル・コミックスやDCコミックスなどのアメリカン・コミックスで活躍中のアーティストやクリエイターも毎年参加している、大人気のコーナーとなっています。詳しくは、公式サイト(https://tokyocomiccon.jp/)にてご確認を!

時代に即した形の中で昨年までと変わらぬ熱狂を目指す「東京コミコン2020」に是非ご注目ください。
今後の情報は、決定次第お伝えします。また、公式サイト(https://tokyocomiccon.jp/)にも最新情報が順次アップデートされますので、こちらも合わせてご確認を。

東京コミックコンベンション 2020 (略称:東京コミコン 2020
<会期>
◇オンライン
12月4日(金)12:00~24:00
12月5日(土)00:00~24:00
12月6日(日)00:00~18:00
◇幕張メッセからの中継
12月5日(土)12:00~20:00
12月6日(日)10:00~18:00
<会場>
オンライン(一部中継先:幕張メッセ 〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)
<主催>
株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
<公式サイト>
https://tokyocomiccon.jp/
※新型コロナウイルス感染拡大の状況次第で、変更の可能性があります。

関連記事

特集記事

TOP