『Sport & Do Resort リソルの森』のグランピングエリア「グランヴォー スパ ヴィレッジ」7月1日営業再開!

トラベル

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から臨時休業となっていた、千葉の大自然に広がる森のスパリゾート『Sport & Do Resort リソルの森』内の新グランピングエリア「グランヴォー スパ ヴィレッジ」が7月1日(水)よりアフターコロナの新しい旅の形「ステイケーション」を楽しめるリゾート施設として、本格オープンします。

 

 

『Sport & Do Resort リソルの森』は、東京ドーム約70個分に相当する総面積100万坪の広大な敷地に、スポーツ施設・クリニック・ゴルフ場・宿泊施設・レストラン・研修施設などを併設した体験型リゾート施設です。

この施設内で、7月より本格営業を開始する「グランヴォー スパ ヴィレッジ」は、都心からもアクセスがしやすいエリアに位置していながら、日常を忘れられる大自然に囲まれたリゾート体験が楽しめる、“ステイケーション”のニーズに応えるグランピングエリアとなっています。ちなみに、ステイケーションとは、滞在を意味する「Stay」と休暇を意味する「Vacation」を組み合わせて作られた、“近郊で休暇を過ごすこと”を表す造語です。

 

■「グランヴォー スパ ヴィレッジ」特長
 

・テントキャビン
自然を感じながら上質なグランピングをお愉しみできるテントキャビンは8張、最大71㎡の快適空間となって、家族でゆったりと宿泊することができます。
多角形の不思議な形のグランピングテントは、夜になれば繭のように光り、その中で過ごすことができます。昼間は、テントに映る木陰も楽しめます。

 

・テラスハウス
森の中に佇むテラスハウスを貸切!アウトドアリビングと、アウトドアダイニングで森の四季を満喫できます。
59㎡からなる全29室のテラスハウスは、森に張り出すテラスとハーブプランターのある前庭が設えられています。目の前に広がる緑を眺めながらお茶を飲むなど、アウトドアリビングのある生活を体験できます。

 

 ・グランテラス
家族やグループで、暮らすような長期滞在に最適なキッチン付きの客室です。客室内には、ゆったりとしたリビングルーム、キッチン、ベッドルームがあり、快適で贅沢な時間を過ごすことができます。
グランテラスエリアは、デッキガーデンが全面に広がり、中央には、テレワークや読書にも最適なオープンスペースがあり、共有で利用できます。

 

・露天風呂付き天然温泉「紅葉乃湯」
「グランヴォー スパ ヴィレッジ」内にある炭酸水素ナトリウムを豊富に含んだ黒褐色の天然温泉。「グランヴォー スパ ヴィレッジ」「ホテルトリニティ書斎」に宿泊の方のみ使用できます。
コンクリート本実によって構成される、半地下の建物は、建物自体の姿をできるだけ消すように低く抑えられています。外部空間と一体化できるカフェ、可動サッシにより半露天にすることができる内湯と、中庭の緑に囲まれた露天風呂、四季折々の風景につかれる温泉となります。

 

・ナイトプールも楽しめる宿泊者限定のリゾートプールも誕生
また、スイス・レマン湖を模した「ラク・レマンプール」が今年、宿泊者限定のリゾートプールとして装いを新たに展開。静まった森の中でライトアップした幻想的な水辺で、心地よいひと時を楽しめるナイトプールとしての営業も開始します。なお、本格オープン記念として、7月中の宿泊の場合、デイタイムのプールは無料で利用できます。利用料金や日程など、詳細はホームページにてご確認ください!

 

『Sport & Do Resort リソルの森』
住所:〒297-0201 千葉県長生郡長柄町上野521-4
電話番号:0475-35-3333
アクセス:・東京湾アクアラインから圏央道利用 「茂原長柄スマートIC」から約5分。
            ・東関東自動車道、京葉道路利用 千葉外房有料道路「板倉IC」から約5分。
ホームページ:https://www.seimei-no-mori.com/

関連記事

特集記事

TOP