オーバーツーリズムから新型コロナを経て、白川郷がオンラインコミュニティ立ち上げ

トラベル

地域の持つ文化や住民への深い理解のもと、民間企業としての地域振興を軸に、人材育成・観光地経営を行っている合掌ホールディングス(本社:岐阜県大野群白川村)は、現地のヒト・モノ・コトに会いに行きたくなるような仕組み・体験・空気感創りを実行していくことを軸に事業を進めているが、この度、その一環として双方向コミュニケーションを実現したオンラインコミュニティとなる“合掌ヴィレッジ”を立ち上げることを発表した。

 

 

スローガンは、“地域住民の負担を軽減しながら、観光客の満足度を向上させる仕組みづくりを実行することで、住む人たちと訪れる人たちが交流し、お互いの個性を認め合う文化にします。”というもの。

 

設立の背景:
白川郷が日本人の心のふるさとになることを目指して、日々様々な活動をしている合掌ホールディングス。1995年に世界遺産に登録されて以降、多くの観光客が訪れる「世界の観光地」となったが、ここ数年は団体旅行客が押し寄せオーバーツーリズムの問題に悩まされるなど、数々の課題が浮き彫りになっていた。

 

そんな折、突然世界中で猛威を振るった今回の新型コロナウィルスの波。これをきっかけに、思いがけず過剰な混雑が一時的に解決する、という結果にもなっている。近い将来、また同じような状態に戻ることは避けたいと考えており、本来の白川郷の良さを維持していくためには、今のうちに受入側が、新しい方針を見出す覚悟と行動が必要だと感じているという。

 

 

目指す方向性:
一過性の観光だけにとどまらない双方向コミュニケーションを行ない、従来の観光とは異なり、ゆっくりと現地の生活に馴染んでもらうような新しいスタイルの旅と旅行者の獲得を目指す。その入り口としてオンラインコミュニティ“合掌ヴィレッジ”を利用し、様々な提案を行っていくという。また、白川郷という世界遺産の村で過ごす村民の日常をしっかり伝えていくことで、受け継がれてきた伝統と未来へと継承していく大切さを理解してもらうことにも繋げたいようだ。

 

 

なお、合掌ヴィレッジ内では下記のような今後の活動を予定している。

・合掌ヴィレッジWebページ完成 (7月完成予定)
・オンラインコミュニティFacebookページの解説 (同上)
・白川郷の日常を伝えるインスタグラム開設 (同上)
・フォトコンテスト 開催(不定期)
・ビジネスコンテスト(不定期)
・村民の生活や暮らし 村民の方々による現地レポート
・提携店の宿泊施設や飲食店のクーポン券配布
・季節のお便り配布

関連記事

特集記事

TOP