『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE、第4弾開催決定!

エンターテイメント

 舞台「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE-隠し弾(SECRET BULLET)-」が、2020年11月に東京、京都で上演されることが決定した。

 

2018年に待望の舞台化を果たした『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE。 原作愛に溢れた熱い演出と、舞台ならではの手法で、REBORN!の世界観を表現し大好評を獲得した舞台シリーズ。大好評だった「vsヴァリアー編」を経ての今作は、小説版を原作としたスピンオフ作品となっている。

 

 

原作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された天野明による漫画で、タイトルの「家庭教師」を「かてきょー」と読むのが正式名称。これまでにテレビアニメ化やゲーム化、ノベライズなどのメディアミックスも多く、近年刊行された文庫版も好評を博している超人気作品だ。
 

運動も勉強もダメダメで何事もすぐに諦めてしまう、うだつの上がらない少年・ツナこと沢田綱吉の前に、家庭教師が現れる。見た目は赤ん坊だが、本業はヒットマン(殺し屋)であるリボーン。リボーンの目的はただ一つ、ツナをイタリアンマフィア・ボンゴレファミリーの10代目ボスとして立派に育て上げること。9代目から依頼を受けたリボーンは、ボンゴレファミリーに代々伝わる秘弾「死ぬ気弾」を用いて、ツナをマフィアのボスに相応しい人間へと育てようとし、ツナの平凡な日常は一転! 毎日「死ぬ気」の修行が始まる!――という物語。

 

 


 

 

2018年から開幕した『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGEシリーズは、ツナたちの日常、六道骸率いる黒曜中との対決を描いた初演、ボンゴレファミリー次期後継者の証である7つのリングをかけて、ボンゴレの独立暗殺部隊・ヴァリアーとバトルを繰り広げた「vsヴァリアー編」は、前後編ともに大好評のうちに幕を下ろした。
 

4作目となる今回は、2007年より集英社JUMP j BOOKSから全5巻が発刊された子安秀明による、小説版「家庭教師ヒットマンREBORN! 隠し弾」より2本立てでお届けする、シリーズ初のスピンオフストーリー。 ボンゴレリング争奪戦につながる、XANXUSたちの前日譚と、ツナの兄貴分であり、かつてリボーンのもとで修業を積んでいたディーノの成長譚となっている。

作品の詳しいストーリーについては公式ページにてご確認を!

 

『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE –隠し弾(SECRET BULLET)–

【東京】2020年11月7日(土)~11月15日(日)  天王洲 銀河劇場
【京都】2020年11月19日(木)~11月22日(日) 京都劇場

<原作>
「家庭教師ヒットマンREBORN! 隠し弾」小説:子安秀明 原作:天野明(集英社JUMP j BOOKS刊)

<脚本>
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)

<演出・映像>
ヨリコ ジュン

<音楽>
オレノグラフィティ

<キャスト>
リボーン:ニーコ ディーノ:山田ジェームス武 XANXUS:林田航平/ S・スクアーロ:髙﨑俊吾 ルッスーリア:高木勝也 ベルフェゴール:大海将一郎・樋口裕太(Wキャスト) レヴィ・ア・タ ン:八巻貴紀 マーモン:甲斐千尋 ほか

 

<舞台公式サイト>
ttps://www.marv.jp/special/reborn-the-stage/

<舞台公式twitter>
@stage_reborn

 

© 天野明・子安秀明/集英社 ©『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE製作委員会

関連記事

特集記事

TOP