広がる純白の夢「第71回さっぽろ雪まつり」、201基の雪氷像がお出迎え!

イベント

毎年、国内外から200万人以上が訪れ大盛況となる、札幌の冬の一大イベント「さっぽろ雪まつり」。第71回を迎える今年も、大迫力の201基の雪氷像が皆様を迎えます。会場は1月31日(金)から開催されている「つどーむ会場」と、2月4日(火)から開催されている「大通会場」「すすきの会場」の3つに分かれています。札幌の都心を東西に横切って展開される雪と氷のドラマに是非ご注目ください!

◆「大通会場」には大迫力の雪像がズラリ!初音ミクやヒカキンも登場!◆

「大通会場」は、1丁目から12丁目の各エリアごとに、趣向を凝らした巨大雪像や氷像が立ち並ぶほか、市民雪像や世界各地の国と地域から雪像制作を行う国際雪像コンクールなどもあり、見応え十分の会場となっています。また毎年ファミリーに人気のスケートリンクやスノーボードなどの大会が行われるジャンプ台などもあるほか、巨大雪像に映し出す夜開催のプロジェクションマッピング、北海道や世界の食が集まる飲食ブースも見逃せません。


「大通会場11丁目国際広場」には、北海道を応援するキャラクター「雪ミク」が今年も登場。「雪ミク」は札幌発のバーチャルシンガー「初音ミク」が、2010 年にさっぽろ雪まつり会場でコラボして誕生したキャラクターで、それ以来「雪ミク」が主役のフェスティバル「SNOW MIKU」も毎年開催されるなど人気を博しております。雪ミクに着せる衣装デザインは、毎年様々なテーマに沿ってインターネット上で広く募集しており、2020 年は”北海道の雪をイメージした「楽器」“をテーマにしています。

「大通会場9丁目市民の広場」には、日本を代表する大人気 YouTuber ヒカキン&セイキンが初登場します。変顔のヒカキンと、毒を盛られたことに気づいたセイキン。動画から飛び出てきたようなユニークな作品にも目が離せません!

「大通会場10丁目UHBファミリーランド」の大雪像にはあの国民的アニメ「サザエさん一家」が登場します。アニメ「サザエさん」は 2019年10月に放送開始50周年を迎えました。そのアニバーサリーイヤーを記念し、サザエさん一家がウィンタースポーツを楽しむ大雪像が登場します。また2030年の冬季オリンピック・パラリンピック招致を目指している札幌市で開催される「さっぽろスノースポーツフェスタ 2020」の PRで制作されております。

★「すすきの会場」★

「氷を楽しむ」をテーマに、大・中の氷彫刻や氷彫刻コンクール作品などの幻想的な氷像を展示します。また、氷像に触れる、乗れるなどのふれあい広場、撮影スポットとしてのイルミネーションストリートのほか、アイスバーなども設置される予定です。

★「つどーむ会場」★

子どもから大人まで雪遊びを楽しめる会場です。屋外には、雪のすべり台やスノーモービルでラフティングボートを引っぱるスノーラフト、雪の迷路などのアトラクションが充実しています。雪の壁に掘った人型の穴にはまって記念撮影ができる「イントゥ・ ザ・スノーⅡ」やスノーキックボードも登場します。

「第71回さっぽろ雪まつり」
会期:
大通会場:2020年2月4日(火)~2月11日(火・祝)
すすきの会場:2020年2月4日(火)~2月11日(火・祝) 
つどーむ会場:2020年1月31日(金)~2月11日(火・祝)
会場:
大通会場 :大通公園西1丁目~西12丁目
すすきの会場:南4条通りから南7条通りまでの西 4丁目線(駅前通り)市道 
つどーむ会場:札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム  札幌市東区栄町885番地1 
公式サイト:https://www.snowfes.com/

関連記事

特集記事

TOP