忙しい生活でお疲れのあなたへ。久米島でリフレッシュする前向き「家出旅」のススメ

トラベル

久米島町観光協会が、旅行を通して非日常を味わうことで、心と身体をリフレッシュさせ、エネルギーチャージをする、前向き「家出旅」を提案しています。
 

「家出旅」は、仕事や家事、育児など、日々の忙しい生活に追われる女性がターゲット。一時的に喧騒から逃れて離島でゆっくりとした時間の中で過ごす癒しの旅を提案しています。旅先は、石垣島や宮古島に比べ、観光客が少なく落ち着いて観光することができる久米島。久米島は島の端から端まで移動するのに約40分と程よい大きさで、2泊3日でも十分に島の魅力を満喫できます。今回は、久米島家出旅2泊3日のモデルプランの中から、おすすめスポットを抜粋してご紹介しましょう。 

ハテの浜で夕日の絶景ポイントをひとり占め

日中はシュノーケリングスポットとして大人気のハテの浜ですが、実は日没の時間を狙って出航するはての浜サンセットツアーもおすすめです。浜からは視界を遮るものが何もなく、見渡す限り空と砂浜と海。このツアーでは、昼間とは違うハテの浜の魅力を体感することができます。ピンク色からオレンジ色に刻々と染まる夕焼け空は何とも幻想的です。

 

浮力作用で究極のリラクゼーション体験

久米島でゆったりとしたリラックスタイムを過ごすなら、「水中リラクゼーションWATSU(ワッツ)」がおすすめ。水深600mから汲み上げられる海洋深層水の浮力を借り、セラピストに身を委ねると、身体の無駄な力がどんどんと抜けて癒されていくのが分かります。WATSUは脳の疲労にも最適だそうで「ずっと悩んでいたことが嘘みたいに気にならなくなりました」という声も。心身ともにリフレッシュして、日頃の疲れを癒しましょう。

 

星降る夜空を堪能

島全体が県立自然公園に指定されている久米島。人工の明かりが少ない島内では、夜に空を見上げると満天の星空が広がります。よく晴れた日には天の川が肉眼で見えることも。満天の星空と一体になれるような、非日常に浸ることができる星空写真撮影体験は旅の思い出になることは間違いないでしょう。

 

普段着の島暮らし体験ができるホームビジット

夜は久米島での暮らしを体験できる「ホームビジット」がおすすめ。普通の観光ではなかなか味わうことのできないリアルでディープな時間が過ごせます。地元の人たちがいつも食べている定番家庭料理を一緒に作り、家族全員で味わいます。まるで田舎のおばあちゃんの家で過ごすような、懐かしくて心温まる時間は一生の思い出になるはずです。  

このほか、パワースポットなど久米島のおすすめのスポットは、特設ページURL(https://kanko-kumejima.com/test/wp-content/themes/iedetabi/)をご参照ください。
ゆっくり離島周遊したいという方には、フェリーの旅もおすすめ。  
自分をとことん大切にして、家を出る時よりも「笑顔」になって帰る家出旅。日頃の疲れやストレスで「現実逃避がしたい」と思っている方は、那覇空港からわずか30分の久米島で癒されてみてはいかがでしょうか?

Copyright(c) 2019 久米島町観光協会 All Rights Reserved.

関連記事

特集記事

TOP