松本零士の名作『スタンレーの魔女』がいよいよ開幕。キャストからのコメントも到着

エンターテイメント

2019年7月28日(日)、東京・DDD 青山クロスシアターにて『スタンレーの魔女』が開幕した。
 

「スタンレーの魔女」は、2006年9月スペースノイドが初めて上演し、2008年12月に脚本・演出家の御笠ノ忠次のユニット「サバダミカンダ」の旗揚げ公演で上演、今回3回目の上演となる。
 


 

原作は『銀河鉄道999』や数々のヒット作を生み出してきた松本零士が描く『スタンレーの魔女』。1973年に『週刊少年サンデー』に掲載され、その後「戦場まんがシリーズ」(第23回小学館漫画賞受賞)として刊行され、シリーズでも名作中の名作。この夏、空を目指す"落ちこぼれ"航空隊員たちの熱く儚い挑戦が幕を開けた!

初日公演に先立って行われた公開ゲネプロの模様と、豪華キャスト陣のコメントが届いたのでご紹介しよう。


写真左から 松井勇歩 津村知与支 石井凌 御笠ノ忠次 唐橋充  宮下雄也 

御笠ノ忠次(脚本・演出) 
今回の『スタンレーの魔女』は再々演です。もともとは、原作の松本零士先生に「スタンレーの魔女」を舞台で上演したいと直接お願いをしたら、「いいよ」と言って頂いたのが始まりです。なので本作の見どころは、松本零士先生の世界観ですね。
今年の夏に成し遂げたいこととしては、花火がみたいな…と思っています。
演劇が好きな人と演劇が嫌いな人、ぜひどちらの人にも見てもらいたいです。 


石井凌(敷井 役) 
出演者みんなが自由に動くお芝居なので、セリフは一緒でも感情の流れとかが、16公演全部違う『スタンレーの魔女』になると思っています。そこが一番の見どころになると思います。
今年の夏に限らず、将来的に成し遂げたいと思っているのですが、お芝居で日本全国47都道府県周りたいです。
毎公演、違う空気感を楽しんで頂けたらいいなと思います。 
 


唐橋充(出戻 役) 
今回の『スタンレーの魔女』の稽古では、場の空気の作り方に終始徹していて。稽古では同じことを繰 り返しますが、高度な技術を持ったメンバーの集まりなので、毎回新鮮で楽しい稽古でしたね。お客様にもそういった所が伝わると思います。
戦争の「生」の部分だけを描こうとして、でも同時に「死」も描かれる。そんな戦争ものの舞台です。ぜひご観劇頂きたいです。   
 


宮下雄也(大平 役) 
むちゃくちゃいいカンパニーです。それぞれに個性があって、それを確実に生かしている座組だと思います。このメンバーにしかできないことが1シーン、1シーン込められています。稽古と本番を経て変わってくるところもあると思うので、その空気感の違いも演劇の醍醐味が詰まっていて、そこが見どころです。
夏に…ぴったりですよ。 


松井勇歩(足立 役) 
一瞬、「これって戦争を題材にした作品ですよね?」って思えるぐらいくだけたシーンがあったりする作品ですが、ふざけつつもしっかりと道を作ってくれる先輩方と、それに死に物狂いでついていく、年下組 の僕や主演の石井くん、宮田くんの相乗効果もあって、観終わった後に心に残るものがあると思います。
最高にふざけてて、最高に面白い男たちのロマンを見届けてください。 
 


 津村知与支(石田 役) 
出身も個性もバラバラな9人が舞台上で、異種格闘技戦のような化学反応を起こしていて、稽古でも 毎回新鮮で面白く、そして毎回違うのにある一定のクオリティに達しているんです。それをいよいよお客様の前で見せられることと、石田という役を演じられることが僕自身楽しみです。
男たちの化学変化、ぜひ見に来てください! 
  

★『スタンレーの魔女』 公演概要★
<公演会場・日程>2019年7月28日(日)~8月8日(木) 東京・DDD 青山クロスシアター   
<原作> 松本零士
<脚本・演出>御笠ノ忠次
<キャスト>
石井凌  唐橋充  宮下雄也  池田竜渦爾  松本寛也  永島敬三  松井勇歩  宮田龍平  津村知与支 

アフタートーク開催決定!
7月29日(月)19:00 公演後  谷口賢志×宮下雄也×松本寛也×石井凌
7月30日(火)19:00 公演後  松井勇歩×納谷健 
7月31日(水)19:00 公演後  永島敬三×中屋敷法仁
8月2日(金)19:00 公演後  輝馬×唐橋充×松本寛也×池田竜渦爾×松井勇歩
8月5日(月)14:00 公演後  唐橋充×松本寛也×松井勇歩×津村知与支
8月5日(月)19:00 公演後  宮下雄也×池田竜渦爾×永島敬三×宮田龍平
8月6日(火)19:00 公演後  君沢ユウキ×石井凌×宮下雄也×池田竜渦爾×宮田龍平
8月7日(水)14:00 公演後  唐橋充×宮下雄也×松本寛也×藤原祐規 
8月7日(水)19:00 公演後  石井凌×郷本直也×KIMERU

チケット情報など、詳細は公式ホームページ(https://www.marv.jp/special/stanley-stage/)まで!

©松本零士/小学館 ©『スタンレーの魔女』製作委員会

関連記事

特集記事

TOP