祝85歳!ドナルドダックの誕生日を伝説のキャラがお祝い!新作アニメ「三人の騎士の伝説」日本初公開

エンターテイメント

ディズニーの中ではミッキーマウスに負けず劣らずの人気キャラクタードナルドダックが、今年2019年、85歳の誕生日を迎えます。

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、6月9日のドナルドダックの誕生日を祝して、ディズニー公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE」にて日本初公開の新作アニメーション・シリーズ「三人の騎士の伝説」を、6月7日(金)より独占配信します。

 

■伝説の人気キャラクター、ドナルド、ホセ、パンチートが最新アニメーションで復活


「三人の騎士の伝説」©2019 Disney

 

日本初公開となる「三人の騎士の伝説」は、伝説の三人の騎士の孫であるドナルド、ホセ、パンチートが、世界征服を企む邪悪な魔法使いやモンスターと戦うために世界中を旅する、全13話のファンタジー・アドベンチャー・シリーズです。

 

■「三人の騎士の伝説」ストーリー
ドナルドダックは誕生日に先祖が遺した古い小屋を相続します。ガラクタだらけの小屋で出会ったのはホセとパンチート。その小屋は伝説のカバレロ(騎士)の子孫である3人に譲られたものでした。小屋で見つけた黄金の地図の鍵を開けた途端、何世紀も前に邪悪な魔法使いフェルドレイクに閉じ込められた冒険の女神ザンドラが解き放たれました。一方、フェルドレイクもまた、カバレロたちによって杖の中に封印されましたが、手下を使って世界征服を企んでいます。ザンドラはフェルドレイクの邪悪な野望を止めるため、カバレロの子孫を連れてフェルドレイクの行方を追います。

 


「三人の騎士の伝説」©2019 Disney

 

■その他にも、名作長編4作品が同時配信スタート
「ハッピー・バースデー!ドナルドダック」と題して、「ラテン・アメリカの旅」、「三人の騎士」、「メロディ・タイム」といった1940年代のクラシック作品や、人気TVアニメーション・シリーズ「ダックテイルズ」から誕生した長編映画「ダックテイル・ザ・ムービー/失われた魔法のランプ」も同日に配信開始します。
 


「ラテン・アメリカの旅」ⓒ2019Disney

 

「ラテン・アメリカの旅」(1942年)は、ラテン・アメリカの国々をテーマに実写とアニメーションで構成され、アカデミー賞にもノミネートされたラテンミュージックが秀逸な名作。ホセ・キャリオカが初登場する作品でもあります。

 


「三人の騎士」ⓒ2019Disney

 

「三人の騎士」(1944年)は、ドナルドダック主演で、鮮やかなアニメーションと実写を織り込んだディズニー・クラシックの中でも異色のミュージカル作品。

 


「メロディ・タイム」ⓒ2019Disney

 

「メロディ・タイム」(1948年)は、ジャズやラテンなどのバラエティあふれる音楽をテーマに繰り広げられる、完成度の高いミュージカル・ファンタジー7話からなるオムニバス作品。音楽から感じるインスピレーションによって誕生したストーリーと、魅力的なキャラクターたちが息づく物語は圧巻です。

 


「ダックテイル・ザ・ムービー/失われた魔法のランプ」ⓒ2019Disney

 

「ダックテイル・ザ・ムービー/失われた魔法のランプ」は、ドナルドの三つ子の甥ヒューイ、デューイ、ルーイと、大富豪でカリスマ冒険家の伯父スクルージたちが活躍する愉快なアドベンチャー・コメディです。

 

「Disney DELUXE」でしか見られない作品を楽しみながら、ドナルドダックの誕生日をお祝いしましょう。

 

Disney DELUXE公式サイト:https://www.disney.co.jp/deluxe.html

 

関連記事

特集記事

TOP