Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

ミュージカル『薄桜鬼』風間千景 篇、東京・京都にて開幕!

4月5日(金)より、東京・日本青年館ホールで開幕となった「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇」のオフィシャル会見が行われ、キャスト5名が登壇、公演の見どころや意気込みを語った。

 

ミュージカル『薄桜鬼』は、シリーズ累計100万本を超える大人気ゲーム『薄桜鬼』を原作としたミュージカル。若手実力派俳優陣の熱い演技と、原作を忠実に再現した熱く切ない物語に多くの賞賛が寄せられ、幕末の動乱の時代を生きた新選組とミュージカルという取り合わせが好評を呼び、特に殺陣×ダンス×歌で新選組を表現するという斬新な演出で観客を魅了している。

 

 

今回の主演、風間千景を演じる中河内雅貴は、「僕たちでできることを手をつないで力を合わせながらここまできました。あとはお客様に満足していただけるようにやるだけです。」と意気込みを語った。見どころについては、「『薄桜鬼』はそれぞれがそれぞれの信念をもって生きているのが最大の魅力。今回は今までのミュージカル『薄桜鬼』にはないような結末が待っていますので楽しみにご覧いただきたいです。」と、期待が高まるコメントを残した。

 

 

雪村千鶴を演じる本西彩希帆は、ミュージカル『薄桜鬼』を見たことがきっかけで女優になったのだとか。「稽古場で協力しながら作ってきたものをここでお届けできるのが幸せです。憧れであり目標であり夢でもあったミュージカル『薄桜鬼』で大好きな雪村千鶴を演じられることに誇りを持ってがんばりたい。見どころはすべてだと思っています。」と嬉しそうに話した。「今回この作品に初参加させていただいてさらに『薄桜鬼』が好きになりました。観に来ていただいた方もより一層『薄桜鬼』が好きになっていただけるような舞台になっていると思いますのでぜひ劇場に足を運んでください。」と意気込みを語った。

 


土方歳三を演じる和田雅成は、「原作を知らない方にも、舞台を見ただけで楽しめるようにと思って作品作りをしてきました。新選組を生きた人たちの話なのでそこをしっかり伝えていけたら」と見どころを語った。「舞台は、誰一人欠けることなく終えることが簡単なようで難しい。まずはそこを目指してしっかり頑張っていきます。」と話し、「素敵なコメント」と褒められる場面も。

 

 

沖田総司役の山﨑晶吾は「1年前に沖田総司を演じましたが、初心の気持ちを忘れず、初めてこの役をやるような気持ちで一から頑張っていきたい。」と意気込んだ。「斬る方も斬られる方もそれぞれの人生があります。それが観ていただいたお客様の心に響いて、背中を押せるような舞台になるように頑張りたい」とあついメッセージを寄せた。

 

 

斎藤一役の赤澤燈は、本作へは初参加。「続いてきた作品に途中から参加するというのはプレッシャーがありますが、過去を顧みない、今を生きている座組という感じで、初めてでも入りやすい稽古場にしていただいた。風間さんのシーンが多いのですが、新選組の方もいいとこどりなシーンがたくさんありますので要所要所見ていただければ。」と話すと、キャスト陣からは「コメント、ちゃんとしてるなあ!」というツッコミが。「過去から出ているキャストやスタッフの皆さんの胸を借りて精いっぱい今回のミュージカル『薄桜鬼』をお見せしたい。楽しみにしていてください。」と話した。
 

 

最後に中河内は、「平成最後の月、桜が咲いて散る時期にぴったりなこの作品で主演をさせていただくのはとても感慨深いです。2.5次元作品はこんなにも大きくなって、ミュージカル『薄桜鬼』自体も7年続く舞台になっているというのもこれからの未来に意味があるんだろうと個人的には思っています。」と振り返った。「新しい日本青年館でこのミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇ができることを大変嬉しく思っております。これから2.5次元作品の俳優を目指す若い人たちにもどんどん高みを目指して頑張ってほしいと思いながらも、自分の背中を見てもらえるようにしっかり進んでいきたいと思っております。」と力強いメッセージを送った。
 


 

<公演情報>

ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇

<東京公演>2019年4月5日(金)~11日(木)日本青年館ホール

<京都公演>2019年4月18日(木)~21日(日)京都劇場

<原作>オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)

<演出>西田大輔 <脚本>毛利亘宏

詳しくはホームページにてご確認ください。(https://www.marv.jp/special/m-hakuoki/)

Comments

Scroll to top