日本初となる無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA」、4月4日開業!

トラベル

日本初となる無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA」が、いよいよ明日4月4日(木)に開業する。
 

MUJI HOTELは、「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、ちょうど良い価格で良く眠れ、旅先において体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを提供。中国の深圳、北京に続く3か所目として、無印良品の世界旗艦店「無印良品 銀座」とともに開業する「MUJI HOTEL GINZA」は、6階にフロントとレストラン「WA」を設置、7~10階で79部屋の客室を備える。旅先であってもいつもの生活の延長の感覚で心地よく過ごせ、古きと新しきが交わる街、銀座をより深く味わい、楽しむ、旅の拠点となることを目指していく。
内装には、木・石・土といった自然素材を中心にしながら、共用部には50年前に東京を走っていた路面電車の敷石や、船の廃材などを用いて、時間が作り出す風合いを空間に取り入れた。今後は、ホテルスタッフの案内による銀座ツアーや、ランニングウェアの貸出といったサービスを予定している。

 

全79室の客室は旅先のからだと心を整える工夫を凝らし、家のようなくつろぎと、気持ち良さを追求。ベッドは眠りと姿勢の研究に基づくマットレス。やさしい触り心地のバスタオルや、自然な眠りに導く照明などを整えている。畳を入れた部屋や 2段ベッドの部屋、3名や4名でご利用いただける部屋も。

 

レストラン「WA」では、定期的に日本の各地を訪れて、それぞれの地域で食べ続けられているふるさとの味に触れ、豊かな日本の風土を、食を通して楽しんでもらえるレストランを目指す。注文ごとに一合羽釜で炊き上げるお米は、高品質なお米の産地として注目が高まっている飛騨高山のコシヒカリ。日本酒は、老舗から若手まで腕利きのつくり手から集めるというこだわりよう。

 

そのほか、デザインをテーマに無印良品が考える未来を見据えたメッセージを発信する複合的なデザイン文化の発信基地「ATELIER MUJI GINZA」、家族や友人、あるいは一人の時間を満喫しながら、朝から晩まで利用できるレストラン「MUJI Diner」も「MUJI HOTEL GINZA」と同日に開業。「無印良品 銀座」は、新たな銀座のシンボルとなる予感。

 



「MUJI HOTEL GINZA」客室の備品の一部は1~6階の無印良品店舗で購入可能。平日や祝日、ハイシーズンやオフシーズンといった繁閑の差で価格を変動させることはないとのこと。ご予約は、MUJI HOTEL公式ウェブサイト(https://hotel.muji.com/ja/)まで。ちなみにゴールデンウィークまではほぼ満室だそうなので、空室を見つけたら即ご予約を!

関連記事

特集記事

TOP