Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

仮面ライダー初の演劇作品、舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-が開幕、初日会見コメントが到着!

 2019年3月9日(土)より東京・日本青年館ホールにて、仮面ライダー初の演劇作品となる、舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-が開幕した。
 


 
 
 本作は、平成仮面ライダーシリーズ第15作として、2013年10月~2014年9月に放送され、今なお圧倒的な人気を誇る「仮面ライダー鎧武/ガイム」に登場した仮面ライダー斬月を主役とする物語。
 



 
 TVシリーズから仮面ライダー斬月・呉島貴虎を演じる久保田悠来を軸に、2.5次元ミュージカルを中心として活躍するフレッシュな有望株、キャリア豊かなベテランなど、個性溢れる面々が、新たなオリジナルストーリーで人間ドラマを深く描く。 

 


 

 初日の会見には、脚本・演出の毛利亘宏、呉島貴虎役の久保田悠来、アイム役の萩谷慧悟、鎮宮雅仁役の丘山晴己が登壇し、今公演への意気込みや、作品への想いを語った。 

 


 
▼呉島貴虎役 久保田悠来 
 仮面ライダーシリーズの初めての演劇作品化ということで、平成最後のお祭りといいますか、平成仮面ライダーの締めくくりとして演劇が出来るということを大変嬉しく思っています。 TV など映像の撮影では、色々角度を変えて撮ったり、ということがありますが、舞台上ではずっとアクションを続け ていかなくてはならないので、緊張感もありますし、新しい熱量が出るのではないかなと思っています。 是非、歴史的瞬間を目の当たりにしていただきたいです。 
 
 
▼アイム役 萩谷慧悟
 平成仮面ライダーシリーズを幼少期にずっと見ていまして、おもちゃのベルトを買って変身ポーズをしたりもしていた んですけれど、まさかこのような形で変身できるとは思っておらず、フレッシュな気持ちで頑張るぞ、と思っています。 頑張ります! 
 
 
▼鎮宮雅仁役 丘山晴己 
 今回の、舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-が、また新しい「仮面ライダー」の 1 つの形になるのではないかと 思います。毛利さんの脚本・演出のお力もあって、演劇化することでとても革命的なものになったと思っています。 皆さんに楽しんでいただけるように精一杯頑張ります。 
 
 
▼脚本・演出 毛利亘宏
 『仮面ライダー鎧武/ガイム』という作品にはテレビシリーズでも脚本家として参加しておりまして、今回それをホー ムグラウンドとも言える、演劇というフィールドで作品に出来ることをとても光栄に思っています。 映像やキャラクター、仮面ライダー、色々な要素が演劇に詰め込まれているので、誰も観たことがないような作品 に仕上がっていると思います。 また、アクションは今回の売りの一つですので、出来る限りライブならではの生々しいアクションにこだわって作ってい きました。迫力が生で伝わるということを楽しんでいただければと思います。是非とも、ご期待くださいませ。 



舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- 
公演期間・劇場 
【東京】2019年3月9日(土)~24日(日)日本青年館ホール  
【京都】2019年3月28日(木)~31日(日)京都劇場 
原作 石ノ森章太郎 
脚本・演出 毛利亘宏(少年社中) 
シリーズ原案・監修 虚淵 玄(ニトロプラス) 
脚本協力 鋼屋ジン(ニトロプラス) 
音楽 山下康介 
公式ホームページ https://www.nelke.co.jp/stage/zangetsu/

Comments

Scroll to top