Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

劇場公開間近の『イップ・マン外伝 マスターZ』より、本作豪華キャストのバトルシーンが公開!

2019年3月9日(土)の全国ロードショーが待ち遠しい『イップ・マン外伝 マスターZ』より、本作の豪華キャスト達のバトルシーンが続々と公開された。

 

 

ドニー・イェン主演の『イップ・マン』シリーズに登場したチョン・ティンチを主人公にしたスピンオフ作品である本作。香港アクション界の巨匠ユエン・ウーピンがメガホンをとり、『ドラゴン×マッハ!』『イップ・マン/継承』で強烈な印象を残し『パシフィック・リム:アップライジング』などハリウッド進出も果たして波に乗る、"香港アクション界の最終兵器"マックス・チャンが主演する。ミシェル・ヨー、デイヴ・バウティスタ、トニー・ジャーという豪華なキャストも話題となっている。

 


 

今回バトルシーンが公開されたのは、トニー・ジャーとミシェル・ヨー。

 

 

トニー・ジャーが演じるのは、台詞一切なしのミステリアスな殺し屋。カンフーとムエタイ、全くスタイルの違う凄腕のマスター同士が、互いに、自らのテリトリーで相手に致命的な一撃をお見舞いしようとする異種格闘技戦のような展開は一気に加速、最後には、二人の達人の動きが完璧にシンクロする、驚異的な命の奪い合いと言える、圧巻のアクションシーンとなっている。

 

 

裏社会を牛耳る女ボス・クワンを演じるミシェル・ヨーのバトルシーンは、舞踏の様な華麗さと優雅さで展開しつつも、徐々にそのスピードと"殺気"のボルテージが上がって行く。
ミシェル・ヨー代表作の一つ「グリーン・デスティニー」(00)には、当時ユエン・ウーピン監督のアクション・チームの一員として参加したマックス・チャンが、本作では堂々の主演俳優として大女優ミシェル・ヨーと共演を果たし、ウーピン監督の元、"華麗なる殺気"に満ちた芸術的とも言えるアクション・シーンを創り上げている。

 

 

イップ・マンに敗れた男の復活と再生の物語。ユエン・ウーピン監督自身が「自らのベストの1本」と語ったマスター・ピース!『イップ・マン外伝 マスターZ』は、2019年3月9日(土)、新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。


© 2018 Mandarin Motion Pictures Limited All Rights Reserved

Comments

Scroll to top