Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

トムヒのサプライズにしょこたん感涙。ピーター・ウェラーの神対応も披露!「東京コミコン2018」オープニングイベントレポート

2018年11月30日(金)、待ちに待った「東京コミコン2018」が開幕、オープニングイベントが華々しくスタートした。



「東京コミコン2018」アンバサダーの中川翔子の「皆さんついにこの日がやってきました!この日まで生きててよかった!夢と魔法とミラクルの3日間が始まるぞ~!!」というハイテンションの発声で会場もスタートから熱気ムンムン!
 


東京コミックコンベンション実行委員長・胸組光明氏のあいさつでは、先日惜しまれつつこの世を去ったアメコミ界の父であり、東京コミコンの名誉親善大使でもあるスタン・リー氏に触れ、「スタン・リーさんの精神はコミコンに残っています。皆さんのサポートを得て、彼が期待できるものにしていきたい」と述べ、メモリアルビデオが流れた。


コミコン会場内にはスタン・リー氏の追悼モニュメントも設置。モニュメントは記帳も可能でできるそうなので、来場を予定している方はぜひ足を運んでいただきたい。

 

 

コミコン実行委員会名誉会長・山東昭子参議院議員の開会宣言が声も高らかに行われ、スペシャルゲストが次々と登壇すると。会場のボルテージはMAXに。



まず初めに第1回東京コミコン親善大使・ダニエル・ローガンが「また戻ってこれてうれしい。I Love You!」とカワイイ子供を抱いて登場。



『バーフバリ』の暴君を演じ、一躍人気者となったラーナー・ダッグバーティは「参加できて光栄です!」と渋い美声で挨拶。



『ハリーポッター』シリーズでおなじみのフェルプス兄弟は「本当に日本が大好き。皆さんとお会いできることを楽しみにしていました」



『ロボコップ』ピーター・ウェラー「コンニチハ東京!桜の時期ではないのが残念ですけど・・日本をたっぷり楽しみたい」



『ジャスティス・リーグ』でバリー・アレン/フラッシュを演じたエズラ・ミラーはただ一言「ヤバイ!」。エキゾチックな衣装がなかなか素敵。



最後に現れたのは"トムヒ"ことトム・ヒドルストン。「コンニチハ。日本に来れて幸せです」と堪能な日本語で挨拶すると会場には悲鳴にも似た歓声が。「日本の女子は全員トムヒが好きです」という言葉もうなづける。


豪華なゲストが現れるたびに悲鳴にも似た声援を送り「I Love You!」を連呼していたしょこたん。「今ここは地球でいちばん尊い場所です!」と絶叫。トムヒの手が肩にのると感極まって号泣!「化粧が全部とれた!まつ毛も全部取れました!!(笑)」と終始興奮気味。ちなみにしょこたんはイベント前の楽屋で豪華スター達と対面したそうで、「ピーター・ウェラーさんに『写真OK?』と聞いたら、『OK』と言ってくれて!」とにっこり。SNS上に写真をUPしていいか聞いたところ、「『今までSNSで写真を載せる許可をしたことはないが、君ならOK。Only you』と言ってくれて…優しいっっ!」と神対応に感激した様子。



また、イベントの最後に特別ゲストとして松本零士氏が『銀河鉄道999』のテーマに合わせて登場。オープニングイベントの後に行われたトークショーも大いに盛り上がっていた。



12月2日(日)まで3日間開催される「東京コミコン2018」は5万人を動員する見込み。この後当サイトでは事前に行われたプレスプレビューを公開予定。こちらもお楽しみに!!

Comments

Scroll to top