Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Nov 16, 2018

明治五大監獄重要文化財「旧奈良監獄」最後の完全公開イベント『奈良赤レンガFESTIVAL』開催

明治改元から150年に当たる今年、法務省は「明治150年」記念事業として、重要文化財に指定されている旧奈良監獄を公開し、「奈良赤レンガFESTIVAL」を開催します。

 


奈良の観光名所、東大寺などからほど近い丘の上に佇む「旧奈良監獄」。監獄の国際標準化を目指し造られた「五大監獄」のうち、唯一原形を保っています。この重要文化財である「旧奈良監獄」は、民間に保存・活用が委託され、2019年10月から史料の保存にとどまらない広報価値の最大化を図る史料館運営を開始し、2021年春から我が国初の「監獄ホテル」の運営を開始する予定です。

 

施設全景
 

庁舎
 

中央看守所
 

収容棟

「奈良赤レンガFESTIVAL」は、本格的な改修工事前の最後の完全公開であり、非常に貴重な機会となるイベントとなります。旧奈良監獄特別公開イベント「明治の名建築見学会」の他にも、建築内に投射されるプロジェクションマッピングや、奈良の特産フードが楽しめる「ならマルシェ」、「クラフトビールフェスティバル」、「刑務所作業製品展示即売会」も開催。

奈良赤レンガFESTIVAL イベント概要


◆会期:2018年11月23日(金)~11月25日(日)
◆開館時間:10:00~17:00 (最終入場:16:00まで)
 (※23日(金)は、13:00から開催となります。)
◆入場料(税込):一般1000円/小中高生500円
 (※入場、見学会参加には前売りチケットが必要です。) 
 (※当日券の販売はありません。) 
◆会場:旧奈良監獄 〒630-8102 奈良県奈良市般若寺町18
 (※会場に駐車場はございません。バスをご利用ください。)

 

チケット購入や注意事項など、詳細は旧奈良監獄公式ホームページへ!

http://former-nara-prison.com/festival/ 

Comments

Scroll to top