Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Nov 05, 2018

『Hawaii ローカル NEWS! 特別版』ナレーションを務める早見優インタビュー!

旅チャンネル特別番組『Hawaii ローカル NEWS! 特別版』が2018年12月2日(日)に放送されます。この番組でナレーションを務める、ハワイ育ちの早見優さんのイ ンタビューをお届けします。


 
 


―― 元々ハワイに住んでいらしたそうですが、今もハワイは定期的に行かれるのでしょうか?
 割と定期的に行っていたんですが、最近は家族の事情もあって、二年くらいは行っていないんです。

―― 今回の番組で平等院を紹介していましたね。いったことはありますか?
そうなんです。びっくりしました。聞いたことはあるんですが、まだ行けていなくて。カネオヘはオアフ島の反対側なので・・・といっても日本から考えるとそんなに遠くはないですね(笑)最近カネオヘではサンドバーが流行っているんです。引き潮の時に、砂のビ ーチエリアがちょっと浮き出てきて、一つのちょっとした島みたいになるんですけど、奥行けば行くほど浅くなっていく。そこは新鮮なスポットで行くとすごく癒されます。昔はあまり治安が良くなかったのですが、サンドバーでカネオヘも人気が出てきたので、割と行きやすくなったのではないかと思います。 

―― 早見さんの思うとっておきのビーチは?
日本の皆さんはリサーチ能力があるので、本当にわたしは行く前に本や雑誌を買って読んでいくくらいで(笑)、でもラニカイビーチは本当にきれいです。ラニは天国、カイはビーチという意味なんですが、本当にまさに天国の海です。風が強いのが難点ですけど。私が小さい時は、よく日曜日母と「今日はどのビーチに行く?」って相談して、ラニカイに行くと、貝殻を集めて、家で祖母の糸を借りて、ネックレスを作ったりしました。砂も真っ白で、サラサラで、くっつかないんですよね。帰るときにはパンパンって軽くはたけば落ちちゃうんです。

 


 
―― ビーチ以外の先ほどの平等院のようなちょっとレアでおすすめのスポットはありますか?
ワイメアフォールズがすごく好きです。ノースショアの方ですね。車を止めて1時間くらい歩くと、ものすごくきれいな滝があって、そこで泳ぐこともできたと思います。
最近ハナウマ湾は観光客が増えたことで大切な珊瑚が死滅してきてしまったので、preservationの意味も含めて、ちゃんと保護しようということでビデ オを見て証明してから、入れるようになっているんです。 ハワイには案外森のようなところが多いですね。例えばカウアイ島はすごく雨が多い島なんですけど、雨が多い分、緑がすごく豊かで、ガーデンアイラ ンドって言われるくらい。2時間くらいトレッキングすると、すごくきれいな滝があらわれたりします。オアフ島でいうと、ダイアモンドヘッドのクレ ーターまで歩く、トレッキングもいいですね。 
 
―― 早見さんが行くスポットは現地の人がいくところが多いのでしょうか。日 本人が行くようなところも行かれますか? 
たぶん両方だと思います。ショッピングセンターというとアラモアナです し・・・。アラモアナに行くと、「あ、優ちゃん!」と声をかけられたり (笑)、同じ業界の方とお会いしますね。でも家族四人の時は、あまり雑誌に は載ってなくて、日本人は「ここおいしいの?」といわれるような、でも私たちは結構居心地のよいレストランに行ったりします。

 


 
―― 小さい時からハワイに住まれていた早見さんが思う、ハワイの変わらないところ、好きなところはどこでしょうか。 
アラモアナの辺り、マジックアイランドの辺りは本当に昔から変わらないですね。ハワイの自然を保護しようと、ワイキキも木が多く植えられるようになりま したし、最近はプリンセス・カイウラニやジョージ・クルーニーの映画があって、ハワイの歴史もちゃんと今のハワイの地元の人たちとわかちあおうという意思が伝わります。ビショップミュージアムもすごくきれいになって嬉しいですね。 私は別にハワイ人ではなく熱海で生まれたバリバリの日本人なんですけど (笑)、やでもっぱりハワイに行くと、帰ってきたなって感じになります。ハワイの空港に着いて、飛行機に降りた瞬間に感じる、芝生のようなプルメリアのようなハワイの匂い、やさしく包んでくれるそよ風は変わらないなと思 います。肌で感じるもので変わらないと思うものはたくさんありますね。
 
―― 歴史や料理やお酒が好きな人をエスコートするなら、どこに連れていきますか?
歴史だったら、先ほどお話ししたビショップミュージアムがおすすめです。食べ物なら、KCCのファーマーズマーケットです。今はインスタで、モデルさんが必ずアップするおしゃれなところです。インスタ映えするような 食べ物はいっぱいあります。ハワイ島で獲れたアワビなど、それをグリルしたり、醤油をかけて食べたり、とてもおいしいです。また、ワイキキの海沿いにはホテルがたくさんあるので、サンセットにホテルのバーでピニャコラーダや、マイタイなどのカクテルで一杯、っていうのもおススメですね。フラを見られるバーに出会えることもありますよ。

 

 

―― 車の運転はされますか? 
運転はします。ノースショアまで行ってハレイワに立ち寄ってガーリック シュリンプ食べたりとか・・ハワイは近年ものすごく車が増えてきたので、 渋滞時間はちゃんと把握していかないと普段は20分で行けるのに「一時間半かかったの?」みたいことがあります。 
 
―― サーフィンはいかがでしょう?
長女がサーフィンをします。一昨年、長女から「ママもやったら?」って無理やりやらされて…チャレンジしました。一応立てましたけど、途中でパドリングが疲れて、段々トドのようにサーフボードの上にいて(笑)…結構体力使いますね。 日本人がレストランをオープンして「今日従業員来なかったぞ?」っていう ことがあれば、それは波がいい時(笑)。日本では「最近寒くなりましたね」 という季節の挨拶が、ハワイでは「元気?今日、波は?」っていうのが挨拶代わりなので。仕事より波、って感じです(笑)。波のいい時は早く仕事終わらせるぞっていう・・・そういうところはせっかちな人も多いかもしれませ ん。 
 
―― ハワイの一番いいところは何でしょうか。
ハワイタイムというのはありますね。良くはないことなんですが、ハワイの友達の中には、時間通りに来る人がいないんです。でも皆「あー、ごめんね。」っていう感じで(笑)。日本の「電車は絶対1分も遅れない」ような生活に慣れてしまうと、日常的にうまくことが運ばないってイライラしますが、 同じ島国でもハワイではおおらかさがなんとなくパズルのように、うまくは まってみんなリラックスしています。「あー、細かいこと気にしないよ」っていう感じで、そんな感覚がすごく好きです。 
 
―― このリラックスした感じはやはりハワイの良さですね。
それは魅力の一つですね。「Don't worry be happy」的な、日本の人が行く と、こうして余裕をもって行動するのもいいと思っています。 
 

 
―― 今回の番組で、伝えたいことは何でしょうか。 
ショッピングやグルメで楽しめる場所もたくさんありますが、私にとっ て、一番のポイントは自然だと思います。この番組を通じて、ハワイの自然や歴史にもっと興味を持っていただけると嬉しいです。ハワイは唯一アメリ カで王室のあった州だということとか。 日本人はオアフ島に行ってしまうとなかなかその先に足を運ばない方が多いかもしれませんが、ほかの島もそれぞれ特長があって素敵なんですよ。私が住んでいた頃は、大金持ちの人が所有していたというラナイ島。この間家族と一緒に行きましたが自然がいっぱいで素敵な島です。カウアイ島は雨が多 い、ガーデンアイランドで、マウイ島はちょっとヒッピー系。ハワイ島は本 当にブラックサンド(黒い砂)が神秘的で星も綺麗ですね。 
 
―― 最後に番組をご覧になる方へメッセージをお願いします。
 まるで自分が本当にハワイに居るような感じで撮影されている感覚を味わっていただけると思います。お忙しくてハワイに行けない方等…私もちょうど疲れて忙しい時にこの番組を見て凄くほっとする気持ちになれたので、ご覧になる方もそんな気持ちで見て頂けたら嬉しいです! 
 


 
早見優(はやみ・ゆう)
3歳から14歳までグアム、ハワイで育つ。
'82 年「急いで!初恋」で歌手デ ビュー。現在は国際感覚を活かし多方面で活躍。 

 

『Hawaii ローカル NEWS! 特別版』
2018年12月2日(日)午前11時より
旅チャンネルにて放送。お楽しみに! 

Comments

Scroll to top