Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

香港、マカオ、広東省を結ぶ”現代世界の7大奇跡”「港珠澳大橋」10月24日ついに開通!

世界最長の海上橋と海底トンネルからなる「港珠澳大橋」(こうじゅおうおおはし)が2018年10月24日(水)に開通した。

 


グレーターベイエリア初の道路と海底トンネルからなる港珠澳大橋は、広東省の9つの都市と2つの特別行政区(香港、マカオ)を含むグレーターベイエリア内の複数都市への周遊旅行のハブとしての香港の地位を確立する橋として期待されている。
全長は55キロメートルで、サンフランシスコにあるゴールデン・ゲート・ブリッジの20倍に相当、パリのエッフェル塔60基分の鋼鉄を使って建設され、設計寿命は主要な海上橋よりも20年長い120年。この超大型プロジェクトは、すでに香港およびグレーターベイエリアの観光名所として話題となり、既に英ガーディアン紙から「現代世界の7大奇跡」の一つとして評価されている。 
 


新しい大橋を渡る始点となるランタオ島には、香港国際空港と香港ディズニーランドがあり、島自体が魅惑的な美しい旅行先となっている。人気のケーブルカー「ゴンピン360」、天壇大仏、ポーリン寺、般若心経が彫りこまれた木柱を特徴とする、静かでスピリチュアルな「ハート・スートラ」(心経の道)沿いに散策することができる。 
また、真の文化に触れるには、香港特有の高床式住居のある漁村大澳(タイオー)村もおススメ。東涌(トンチョン)から大澳までのボートまたはケーブルカーの旅の途中に大橋をはっきり見ることができる。


 香港ポート 出入境手続きビル外観 


香港国際空港からマカオ特別行政区に隣接する珠海までの所要時間は、現行の4時間からわずか45分に短縮。高速バスも運行され、香港からマカオや広東省にある多様な文化的観光スポットへのアクセスがますます便利になる。これから香港に旅行される予定のある方は、足をのばしてみてはいかがだろうか。

Comments

Scroll to top