Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Oct 14, 2018

ディズニー公式作品で初めて解き明かされる、もう一つのストーリーディズニーヴィランズが主役のハロウィーンシーズン到来!

ディズニープリンセスと対照的な存在であり、物語には欠かせない悪役たち―ディズニーヴィランズ。憎悪や嫉妬を惜しみなくむき出しにする彼らの行動に恐怖を感じつつも、ブレない性格に好感や憧れを抱く人々も少なくないのではないでしょうか。

 

©Disney

 

 そんな彼らが悪に染まったきっかけは? などと疑問に思ったことはありませんか? 「みんなが知らないシリーズ」は、彼女たちの知られざる悲しい過去を題材にした米作家のセレナ・ヴァレンティーノ著の翻訳本。みんなが知っているディズニーのハッピーエンドなお話を別の角度から描いたストーリーで、現在『眠れる森の美女』『リトル・マーメイド』『白雪姫』『美女と野獣』が発売中。12月には『塔の上のラプンツェル』の「ゴーテル」が登場予定です。

 

ディズニー みんなが知らない眠れる森の美女 カラスの子ども マレフィセント

©Disney

http://bookclub.kodansha.co.jp/buy?item=0000276079
定価:本体700円(税別)全191ページ

 

ディズニー みんなが知らないリトル・マーメイド 嫌われ者の海の魔女アースラ

©Disney

http://bookclub.kodansha.co.jp/buy?item=0000276056
定価:本体700円(税別)全191ページ

 

coming soon! ※12月1日(土)発売予定
ディズニー みんなが知らない塔の上のラプンツェル ゴーテル ママはいちばんの味方

©Disney

定価:本体700円(税別)全191ページ
『塔の上のラプンツェル』で、赤ん坊のラプンツェルをさらったゴーテルは、実は、大切な人を救いたかった__。死者の女王として生まれたゴーテルは、とっても幸せだった。しかし、一族の力を引き継げず、母と二人の姉をも失い、ひとり残されたゴーテルは、姉を生き返らせる魔法を手に入れるために、ある決断をするのだった……。

Comments

Scroll to top