Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

ジェイクの日記念!『アドベンチャー・タイム』NEWエピソードに友情出演、萩原聖人スペシャルインタビュー!<前編>

10月19日は『アドベンチャー・タイム』にとって特別な日。今年で5回目を迎える”ジェイクの日”を記念して、怒涛の展開を迎える最新シーズンのNEWエピソードがカートゥーン ネットワークで日本初放送されます。このエピソードに、フィン役の声優・朴璐美さんの友人でもある俳優・萩原聖人さんがイケメンいのししのダニー役で友情出演。前後編の2回に分けて萩原さんのインタビューをお届けします。

前編ではご自身が出演されたエピソードを中心に語っていただきました。萩原さんが思う見どころは?『アドベンチャー・タイム』の好きなキャラは?果たして念願の朴さんとの共演は叶ったのでしょうか?

 


 

―― ゲスト声優のお話を最初聞いたときは、どう思われましたか?

元々朴さんとは色々な仕事で昔から交流があったんです。僕は前からカートゥーンでよく見ていたので、「おもしろいですよね、『アドベンチャー・タイム』!人間じゃなくていいから、出してください!」って結構前から話していたんですけど、なかなか役がないと (笑)。ようやく実現した感じですね、朴さんがゴリ押ししてくれたのかな(笑)。
僕に子どもの部分が多いせいか、カートゥーンのアニメは、大人が観るものなのか子どもが観るものなのか、色々な見方ができる世界観が魅力のひとつですよね。俳優の仕事はもちろん、アニメの声優もそうですが、僕は”表現する”のが好きなんです。今回に関しては「これだけでいいんですか?」って感じではありましたが(笑)。

 

―― 今回朴さんとの共演シーンはありませんでしたが・・・。

タイトルコールがあったので朴さんは現場には来ていましたね。あとミキシン(三木眞一郎 ブタ役)さんも昔から知っていて。絡みはありませんでしたけど、まあ共演といえば共演で(笑)。
朴さんと何回か仕事はしていても不思議と絡みがなくて。去年『コードネームミラージュ』という作品で僕の役が朴さん扮する高性能AI車を作った、っていう設定で、ドラマ上たくさん会話をしていますけど、朴さんが僕の芝居を見て声を入れていたので実際に”共演”はしていないんです。なんか縁があるようでないようで・・・「いつか一緒に舞台とかやりたいですね」っていう話はしています。
今回は残念でした。やっぱり『アドベンチャー・タイム』といえば、フェンとジェイクですしね。なんか絡んでみたかったなあ、と。

 

―― そこは不完全燃焼でしたか?

誤解を恐れずに言えば、無責任に「純粋に楽しめたかな」という感じはしました。ダニーはいい意味で『アドベンチャー・タイム』を背負っていないと思うので(笑)。自分が好きな作品だからこそ、『アドベンチャー・タイム』のファンの方にもやっぱり喜んでもらいたいというのはありますから。やっぱり緊張しますし、「どうしよう、これでいいのかな。イケメンって言われてもなぁ」って悩むし (笑)。とはいえ、噓つきでマッチョなイノシシですからねえ。ちょっとわからなかったけど(笑)。全力でやりました。

 

TM & (c) 2018 Cartoon Network.

 

―― すごくイケメン声でしたよ。

そうでした? 三木さんもイケメン声だから。やたらブタとイノシシがイケメンっていうね(笑)

 

―― 実際に出来上がった作品をご覧になっていかがでしたか?見どころも教えてください。

『アドベンチャー・タイム』ってどんな話もそうなんですけど、「なんだこれ?」っていう感想でした(笑)。いい意味で、ですよ!もちろん(笑)。
見どころは・・・僕的に実は一番面白いのは弟。弟が一瞬だけしゃべるところは『アドベンチャー・タイム』ならでは。この15分、短い時間の中でしかできないどうでもよさが面白さだなと思うんですよね。15分だから許される、みたいな。

 

―― 今回の話、確かに子どもが観ると「なんだこれ?」かもしれないですよね?

なんというかすごい話ですよね。ウンチモーレさんなんていう名前のキャラが出てきちゃいますし(笑)。
こういうアニメが日本で人気があるっていうのは意外でした。アニメだからこその話で実写なら炎上しそうな話なので複雑ですし。やっぱりキャラクターの魅力がいろんなことを許してくれて、それに声優さんの表現がぴったりあっているっていう作品だからこそなのかなと。もしかしたらダメな人はダメな話かもしれないですね。わかんない!って思ってしまう人もいるかもしれない。一言ではちょっと言い表せないじわじわと中毒性がある話ですかね。ファンの人に少しでも受け入れてもらえたらいいなと思います。

 

TM & (c) 2018 Cartoon Network.

 

―― そういえば、本編にはキスシーンがありましたね?周りの皆さんからツッコミが入ったとか。

キスシーンの音をやる、キスシーンはやったことがあっても、音をやるっていうのはなかなかなくてですねぇ・・・そうですね、僕ももういい歳ですからね、チュチュチュチュって(笑)

 

―― そこは一発OKでしたか?

意外とすんなり。三木さんや朴さんがいるので、照れもあるけど、いるからこそ頑張ろう、恥ずかしがらないでちゃんとやろうと。現場の空気ってすごく大事で、映像の仕事だったらいい現場の空気は絵に現れると思うんです。楽しい作品は楽しくやるべきだし、いい空気でやらせてもらえたから・・・チュチュチュっていうのも楽しくやらせてもらいました(笑)

 

―― ダニーが腹筋を見せるシーンも強烈でしたね。

そういうところがね、『アドベンチャー・タイム』の面白さ、細かさ、人間っぽさですよね。裏のメッセージみたいなものが見える世界観かなと思います。笑いにもとれますけど・・・こういう腹筋見せてるところが噓つきたる所以でしょうね(笑)。

 

TM & (c) 2018 Cartoon Network.
 

―― ツリートランクみたいな超肉食な女性をどう思いますか?

憧れじゃないですか?いい女っていうのは何歳になってもいい女だって僕は思うので。生きることにポジティブだと必然的にエネルギーとして男性をどんどん変えていくところも必要になってくるのかな。僕はあそこまで肉食ではいられないと思いますが(笑)。恋していないとだめじゃないですか、ツリートランクは。それは人それぞれですけど一人に定まらないところもいい。常に刹那的であっても、本気っていう、そこが彼女の魅力だと思います。
・・・あれ、なんだろう。なんか象についてこんなに語ってますけど(笑)。

 

―― ちなみに、『アドベンチャー・タイム』の中で好きなキャラクターや気になるキャラクターがいたら教えてください。

みんな気になりますよね。主要なキャラクターには大体秘密があってそれにまつわる過去があったりするので。
アイスキングみたいな無茶苦茶の悪役って結構面白くないですか?ああいう人こそ人類を象徴している気がする。実はすごく慈愛があるような。気になるといえば今回出てきたツリートランクという超肉食おばあちゃん象とか、その巨大な子どものスイートピーとか(笑)、感情移入はしちゃいますよね。
グッズでほしいなと思うのはやっぱりフィンとジェイクかな。ジェイクのティッシュケースとかうちにもあるんですよ!

 

―― では今度は是非アイスキングと共演をしていただくということで。

そうですね、今回はスピンオフみたいな話だったので。『アドベンチャー・タイム』の本編の流れの中にいつか出られたらいいなと思います。

 

 

インタビューの後編では、フィン役・朴璐美さんのお人柄や、現在のご自身のことについて語っていただきます。
どうぞお楽しみに!

 

 

10月19日(金)は、16:00より『アドベンチャー・タイム』の世界観をたどる特別企画『ジェイクの日スペシャル アドベンチャー・タイム 集中講座Step3』も放送されます(https://www.cartoonnetwork.jp/cn_programs/view/00944)。新シーズンがより楽しくなるエピソードが目白押し。お見逃しなく!

Comments

Scroll to top