好アクセスと美しいビーチで非日常体験を。無人島・地ノ島にキャンプ場兼イベントフィールドが開業

イベント

和歌山県有田市沖の無人島・地ノ島で自然体験が楽しめるキャンプ場兼イベントフィールドが開業する。

 

 

地ノ島は、東京ドーム10個分、ディズニーランドの半分くらいの大きさ。JR紀勢本線「初島駅」より無人島直結の初島港までは徒歩7分、初島港から無人島まで船で7分と、関西国際空港からも大阪・天王寺駅からも1時間強という好立地と、和歌山随一ともいわれる透き通った海、知る人ぞ知る手つかずの全長500mにも渡る広いビーチが特長。

 

 

また、1000名以上が収容できる堤防の中の平坦なアウトドアフィールドがあり、野外設置可能な大型スクリーン、プロジェクター、音響設備、発電機やジェネレーターの手配を始め、アウトドアイベントに必要なテント、タープ、寝袋、釣り道具などもレンタルも出来て設備も充実している。

 

 

貸切キャンプ、キャンプフェスなどの野外イベントだけではなく、企業研修など、通常"無人島"のような非日常空間で開催ができなかったイベントに利用できるよう、今後より充実した設備を整えていく予定。

 

 

7月21日~22日にかけては"無人島が一日ハワイ空間に変わる"をコンセプトとした「無人島ハワイフェスティバル」が開催される予定。

 

なお、6月4日~7月16日のプレオープン期間は1日1組限定、1日貸切5万円~で、フィールドが提供されるとのこと。小高い丘から見る夕陽も絶景とのことなので、この期間に特別なイベントがある方は、非日常体験にトライしてみてはいかがだろうか。ご予約はホームページ(https://spacemarket.com/spaces/mujinto-jinoshima)まで。

関連記事

特集記事

TOP