アウトドア体験テーマパーク「LOGOS LAND」公式HPオープン。宿泊&BBQ利用予約は5月7日より受付開始

トラベル

京都府城陽市とアウトドアブランドLOGOSのコラボレーションにより、新しいコンセプトのテーマパーク『LOGOS LAND』の公式ホームページがオープンしました。

 

2018042711

 

『LOGOS LAND』は、「外で、食べて、遊んで、泊まる。」をコンセプトに、 京都府城陽市総合運動公園レクリエーションゾーンをリニューアルした、 アウトドアを体験できるテーマパークで、公園とレストランを併設した2つの宿泊施設を含む3施設をリニューアルし、 段階的にオープンする予定で、 施設総面積は約9.5ヘクタールで東京ドームの約2個分になるそうです。


公式ホームページでは、『LOGOS LAND』第一期オープンの6月30日から利用できる、世界初の全天候型キャンプスタイルに対応したホテル「プラムイン城陽」のお部屋のタイプや、屋上のBBQテラスで行えるBBQプラン、1階の「ロゴスファミリーレストラン」で食べられるイタリアンベースの本格的なアウトドア料理の中からおすすめメニューなどが発表されています。

 

2018042712

テントタイプ

2018042713

特別室(バリアフリー)

2018042714

二段ベッドタイプ

2018042715

フリースペース

 

ホテル「プラムイン城陽」の宿泊では、室内でテント泊が楽しめるテントタイプ、バリアフリーの特別室、室内でのシュラフ使用でキャンプ気分を味わえる2段ベッドタイプ、室内にソロテントを張ることができるフリースペースの4つのタイプの部屋が用意されています。

 

2018042716

 

1階の「ロゴスファミリーレストラン」では、 イタリアンベースの本格的なアウトドア料理をお楽しみいただけます。 LOGOSの調理アイテムであるダッチオーブンやスキレット、 ホットサンドパンを使って作った、 ここだけでしか味わえない特別なメニューを提供します。
3階のBBQテラスでは、LOGOSアイテムを使ったBBQ、オプションでたき火を楽しむこともできます。 

 

2018042717

2018042718

 

「プラムイン城陽」の宿泊とBBQテラスのご利用は、 5月7日より公式ホームページにて予約受付。第二期は、2019年春以降のオープン予定で、 「ロゴスショップ」や「ロゴスカフェ」、 20区画以上のBBQスペースやグランピングなどを展開する予定です。 

関連記事

特集記事

TOP