Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

梅雨時の池袋の平和は俺たちが守る!サンシャイン水族館の人気企画「ケロレンジャー」が今年も帰ってきた!

サンシャイン水族館は、6月1日(金)~7月8日(日)の梅雨時期に、特設水槽で展示する5種類のカエルを「ケロレンジャー」と称するなど、カエルにフィーチャーした企画を実施します。「ケロレンジャー」は2015年、2016年の梅雨時にも開催した人気企画です。

main


特設水槽には、サビトマトガエル(ケロレッド)・コバルトヤドクガエル(ケロブルー)・クランウェルツノガエル(ケロイエロー)・メキシコフトアマガエル(ケログリーン)・バンゾリーニヤドクガエル(ケロドット)が登場!また、ケロレンジャー候補生としてオタマジャクシも展示し、期間中にどれくらい成長するかを観察していただけます。オタマジャクシは無事ケロレンジャーになれるのか…!?

2018042501
サビトマトガエル(ケロレッド)
キャッチフレーズ:マダガスカルのビックリトマト
特徴:マダガスカルの地表で身を潜めるケロレッド。後ろ肢に突起を備えており、土や泥を掘るのを得意とする。 敵に襲われそうになると、空気を吸い込み自身の体を巨大化し、対抗することで敵を驚かせて怯ませるのである。 

2018042502
コバルトヤドクガエル(ケロブルー)
キャッチフレーズ:子煩悩な毒ガエル
特徴:美しいカエルとしても知られているケロブルー。その美しさに注意が必要。 彼らの皮膚には毒があり、 天敵を麻痺させ、 死に至らせることもできるのだ。オスはオタマジャクシを自らの背中に乗せて水場まで運ぶ一面を持つなど、子供に優しいイクメン毒ガエルである。

2018042503
クランウェルツノガエル(ケロイエロー)
キャッチフレーズ:一瞬で食らいつく無敵のビッグマウス
特徴:遺伝子の突然変異により生じた特殊な色のケロイエロー。地中に潜ることで周囲に溶け込み、潜伏を得意とする。反射神経に優れており目の前を横切るものは何でも一瞬で食らいつき丸呑みにしてしまう。自分より大きくても、強くても、迷わず攻撃し立ち向かう勇敢なハートの持ち主。

2018042504
メキシコフトアマガエル(ケログリーン)
キャッチフレーズ:暗闇で輝く眼光!夜型ハンター
特徴:輝く眼を持つケログリーン。夜行性であるため、昼間は目を瞑り暗闇になるその時をじっと待つ。夜になると自慢の輝く眼光を使いパトロールを開始する。長い乾季の間でも活動することができ、他レンジャーが持っていない乾燥に強いという適応能力を身に付けた乾燥地帯のエキスパートである。

2018042505
バンゾリーニヤドクガエル(ケロドット)
キャッチフレーズ:戦略勝ちの賢い毒ガエル
特徴:黒・黄・青の多色使いのケロドット。全長約2cmの小型のレンジャーだが侮るなかれ。彼らの皮膚には毒があり敵を麻痺させるのが得意技だ。この鮮やかな体色は毒を持っているという警告色である。不要な戦いを避け、敵に身を引いてもらうという生き残り戦略なのである。

2018042507
オタマジャクシ(候補生)
キャッチフレーズ:ただいま修行中
特徴:魚類から両生類への生物進化の過程を垣間見ることができる唯一無二の形体である。レンジャーへの道のりの中で重要な準備期間であり、無事に鰓呼吸から肺呼吸になることで、 水場だけでなく陸場へも行動範囲を広げられるのである。変態には大きなエネルギーが必要であるため常に餌を食べ、十分に蓄えたところで後肢・前肢が出現し上陸する。さらにこの時期に尾が吸収され急激に形態変化していく。 


さらに、 飼育が困難なため水族館で見ることができるのは珍しい、四肢を含めた体長が最大で約80cmとなる世界最大級のカエル「ゴライアスガエル」を展示します。
その他、カエルへのエサやりを見学できる「カエル・フィーディングタイム」の開催や、サンシャイン水族館オリジナルのケロレンジャーグッズやカエル関連商品の販売、“ケロケロカフェ”でのオリジナルメニューの販売などを行います。

2018042506

イベント期間中はカナロア カフェが“ケロケロカフェ”に変わります。画像はケロケロカフェで提供されるケロミントシェイク(540円)とケロレンジャーアイス(756円)。


「お金が返る」「人が帰る」「福かえる(福が返ってくる)」などカエルは縁起物としても人気。梅雨のジメジメした季節にサンシャイン水族館に訪れれば元気も"カエル"かも?縁起の良いイベントにぜひ足を運んでみてください。

Comments

Scroll to top