今年のGWはどこに行く? 2018年は「絶景」「写真映え」から「ムービージェニック」がトレンドに。

トラベル

5月1日と5月2日の休みが取得できれば最大9連休となる今年のゴールデンウィーク。旅行サイト『じゃらんnet』上におけるGWの期間に該当する2018年4月28日(土)~2018年5月6日(日)の宿泊予約状況より、国内旅行の動向がまとめられている。


宿泊予約のピークはGW後半4連休初日となる5月3日(木)、次いで前半初日の4月28日(土)と分散傾向にあるようだ。


■人気の旅行先ランキング■ ※『じゃらんnet』調べ
1位:北海道
2位:東京都
3位:沖縄県
4位:千葉県
5位:大阪府 


人気旅行先ランキングの順位は前年とほぼ変動はなく、1位北海道が不動の人気を誇る結果となった。北海道ではGWに桜の見頃を迎え、この時期ならではの北海道の景色を楽しむことができる。また、札幌市・円山動物園では新施設「ホッキョクグマ館」が今年3月にオープンし、国内最長の水中トンネルからホッキョクグマが泳ぐ姿を間近に見ることができ、早くも人気。さらに今年は、道内でカーリング体験ができるスポットへの注目が高まっているようだ。
2位の東京都は、多様なエンターテインメントやグルメが集まるエリア。今年3月には日比谷に新たな複合施設が開業し、上野動物園の“シャンシャン”人気に続く新名所の登場や、4月27日(金)より、お台場特設会場で肉フェスが開催されるなど、様々なイベントの開催により、賑わうことが予想される。3位沖縄県は、4月下旬に海開きを迎えるため、いち早くマリンスポーツやウォーターアクティビティを楽しめるため、こちらも例年通り人気の旅行先。


今年のGW旅行のトレンドとして、「絶景」「写真映え」から進化した、動きや変化を体験できる「ムービージェニック」が新たな旅行先選びのキーワードになるのでは、とされている。『じゃらん』編集部オススメの「ムービージェニック」スポットを紹介しているのでちょっとのぞいてみよう。

 

sub4
【北海道】芝ざくら滝上公園
今年植栽60年を迎える。広大な敷地に広がる芝ざくらは圧巻のスケール。ヘリコプター遊覧では、上空からその雄大な景色が一望できる。

 

sub6
【神奈川県】新江ノ島水族館
クラゲファンタジーホール全体を潜水船に見立て、幻想的なクラゲが住む海の世界を3Dプロジェクションマッピングで表現している。

 

sub5
【長野県】白樺リゾート 池の平ファミリーランド
テーマの違う4エリアからなるレジャーランド。木から木へと颯爽と駆け抜けて、鳥になった気分を味わえるジップラインは動きや表情の変化もあり、動画映えするアトラクション。

 

sub9
【東京都】国立新美術館
こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション。約300匹のこいのぼりが、展示室をダイナミックに泳ぎ回る。

 

sub7
【東京都】CheeseTable(チーズテーブル)池袋店
ラクレットチーズを直前に溶かし、その場で具材にかけてくれる。とろけるチーズは、思わず動画を撮りたくなる一品。

 

sub8
【北海道】居酒屋にほんいち すすきの店
定員さんの掛け声に合わせて、出汁巻きの上にカニのほぐし身をどっさりかけてくれる様子は、動画でリアルに伝えたくなる楽しさ。


夕日の流れやプロジェクションマッピングなど変化する景色や、躍動感あふれるアトラクション、楽しい演出など、その瞬間の感動や驚きをリアルに伝えられる「ムービージェニック」スポット。GW期間中は混雑必至だが、週末のお出かけにもオススメ。気になる方は一足早く出かけてSNSなどで自慢するのもアリ?

関連記事

特集記事

TOP