Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

スパイダーマン新シリーズ「スパイダーマン:ホームカミング」予告映像ではトニー・スタークとの絡みが満載!

今度のピーター・パーカーは15歳、高校生! アベンジャーズに出会う!

2017年8月11日(金・祝)に日本公開となるスパイダーマン新シリーズの「スパイダーマン:ホームカミング」。新たなピーター・パーカーを演じるのは、舞台「ビリー・エリオット」で世界を驚かせ、映画「白鯨との戦い」TVドラマ「ウルフ・ホール」などで近年大活躍中のイギリス出身若手注目俳優のトム・ホランド。

ssog_jpn_3d_logo

現在20歳のトムは、先日、東京コミコンで来日したスパイダーマンの生みの親スタン・リーに「トム・ホランドはスパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と言わしめるほどの逸材。すでに新たなピーター・パーカー/スパイダーマンの役どころに、世界の人気と期待が高まっている。トニー・スターク/アイアンマン役には同役での出演がこれで8作目となるロバート・ダウニー・Jr。そしてスパイダーマンが対峙する敵・ヴァルチャーをマイケル・キートン(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)が演じる。さらにピーターの叔母であるメイおばさん役にはマリサ・トメイ。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に加わった新スパイダーマンをベテラン勢が支えている。

本作の舞台ニューヨークで、15歳のピーター・パーカーは既にスパイダーマンという設定。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、ニューヨークの平和のために怪物退治に乗り出そうとするが、スタークに「アベンジャーズに任せておけ」と止められてしまう。「ガキ扱いは、ゴメンだ!」とピーターはその忠告を聞かずに戦いに挑むが――。

今回の予告映像にはアイアンマンファンにとっても胸躍るシーンが満載。親子ほど年の離れたスタークのシニカルなユーモアに翻弄されるパーカーの姿は初々しく、まだやんちゃな新人ヒーローが本作の中でどれほど成長するのかを期待させる。来年の公開が今から楽しみだ。

「スパイダーマン:ホームカミング」は2017年8月11日全国ロードショー。

「スパイダーマン:ホームカミング」
全米公開:2017年7月7日
監督:ジョン・ワッツ(「コップ・カー」)
キャスト:トム・ホランド(「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「白鯨との闘い」)、ロバート・ダウニー・Jr(「アイアンマン」「アベンジャーズ」)、マイケル・キートン(「バットマン」、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)、マリサ・トメイ(「レスラー」)、ジョン・ファヴロー(「アベンジャーズ」)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(「グランド・ブダペスト・ホテル」)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタラン
公式サイト:Spiderman-Movie.JP 
©Marvel Studios 2016. ©2016 CTMG. All Rights Reserved.

Comments

Scroll to top