Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

大人用CGアニメ映画「ソーセージ・パーティー」。日本での公開後の反応は…。

映倫R15+指定のCGアニメ映画「ソーセージ・パーティー」が、公開後の週末興行成績を徐々に伸ばしていることがわかった。2016年夏にアメリカで公開後、その話題性は世界中に広まり、日本では11月4日(金)より緊急公開となった。ハリウッドの超問題児セス・ローゲン主演・製作の作品ということで映画ファンはお察しの通り“大人になってから観ましょうね”なテイストの作品だ。

SAUSAGE PARTY

15歳以上が鑑賞できるR15+指定映画のため、男子高校生からシニアまで幅広い層の男性が来場しているが、若い女性グループの数もますます増加している。

全国6館のみの公開にもかかわらず、11月5日(土)&11月6日(日)の週末では1館当りの興収が1,119,916円となり、週末興行成績としてパー・スクリーンNo.1の数字となった。(「君の名は。 」のアベレージは866,228円。興行通信社調べ)

2週目も依然として強く、11月12日(土)&11月13日(日)では1館当りの興収が1,364,917円、全国週末興行成績が8,189,500円となり、先週対比122%となった。SNSでもますます盛り上がり、「僕はギリ15歳過ぎてたから観れましたwかなりの過激でビックリ! あれはR18のがいいんじゃないかな?w 未だにソワソワ感が抜けません!」「見てきたけどあれを何百人の人が携わって豪華な俳優を声優に起用してると思うとくだらなさすぎて笑えてくる?WWW 面白かったけど今年一最低な映画やったわ~」など、 興奮した感想がつぶやかれているようだ。

Teresa (Salma Hayek), Brenda (Kristen Wiig), Barry (Michael Cera), Frank (Seth Rogen), Lavash (David Krumholtz) and Sammy (Edward Norton) in Columbia Pictures' SAUSAGE PARTY. 

監督は人気アニメ「きかんしゃトーマス」のグレッグ・ティアナンと、 「マダガスカル3」のコンラッド・ヴァーノン。 音楽は「美女と野獣」など数々のディズニー作品でアカデミー賞に輝く天才作曲家アラン・メンケン。
世界中に愛と希望と夢を届け続けてきた彼らが、「40歳の童貞男」(05)、「スーパーバッド 童貞ウォーズ」(07)、「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」(13/日本未公開)など、俳優・脚本・監督としてハリウッドで大活躍のセス・ローゲンと作り上げた、子供が見られないCGアニメを見逃さないよう、ご注意ください!

SSP_B5flyer_h1再入稿

声:
セス・ローゲン(「カンフーパンダ」シリーズ)
クリステン・ウィグ(「ゴーストバスターズ」)
ジョナ・ヒル(「ウルフ・オブ・ウォールストリート」)
エドワード・ノートン(「バードマン」)
サルマ・ハエック(「長ぐつをはいたネコ」)

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ほか大ヒット公開中!
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

Comments

Scroll to top