ソン・ガンホ「弁護人」で10年ぶりの来日に感激!「世界のどこに出しても恥ずかしくない」とプロデューサーの太鼓判に大照れ!

エンターテイメント

11月12日(土)より新宿シネマカリテほかにて公開となった韓国映画「弁護人」の来日記者会見が、11日(金)日本外国特派員協会にて行われ、本作の主演であるソン・ガンホさんとプロデューサーのチェ・ジェウォンさんが登壇した。韓国映画界で人気実力ともにトップスターのソン・ガンホさんは、今回の来日は「グエムル-漢江の怪物-」以来10年ぶりとなる。

bengonin3

「グエムル-漢江の怪物-」以来10年ぶりの来日ということで集まった大勢の記者を前に感激の様子のソン・ガンホさん。

「80年代当時を生きた韓国の人々の熱い思いを表現することが出来た」と作品に対する熱い思いを語り、またチェプロデューサーはソン・ガンホさんを「姿は骨太に見えるが内面はとても繊細」とその意外な一面を伝えた。

bengonin2


■ソン・ガンホさん コメント
10年ぶりの日本に『弁護人』という、とても意味のある作品で来日できて、格別の思いです。
実在の盧武鉉元大統領がモデルなので、この作品のオファーを受けた時は正直怖いと思いましたが、勇気を出して演じました。
法廷のシーンはどうやって演じればいいのか何日も考えましたが、テクニックの演技ではなく、あの時代を生き抜いた韓国の人々の熱い思いを感じて、それが演技に現れたと思います。
今、いろんなことで韓国情勢が混乱しているのは残念ですが、この時期に社会的メッセージのあるこのような作品が公開されることで、日本の方たちにも色々なことを感じ取っていただけるのではないかと思います。

■チェ・ジェウォン プロデューサー コメント
作品は数年前に韓国で公開されているのですが、時間が経ってもこの場に来れている事が嬉しいですし、アメリカではドナルド・トランプが大統領に選ばれたそんな時に、この作品が日本で公開されるということも意味があると思います。
ソン・ガンホさんとは「殺人の追憶」で初めて仕事をしましたが、その時「なんてうまい俳優だ」と思いました。
また彼は映画全体を見渡すことが出来る人であり、他の俳優さんとの調和や方向性を示すことが出来る俳優でもあります。それが年輪として刻まれ、今や彼は世界のどこに出しても恥ずかしくない俳優だと
自信を持って言えます。
我々の生き方とは何かを考えさせられる作品だと思いますので、それを作品を通して皆さんと共有したいと思います。

bengonin1

◆映画『弁護人』作品概要
1981年9月に実際に起きた「釜林(プリム)事件」をモチーフにした骨太のヒューマンドラマ。
ある事件をきっかけに人情派弁護士へと変わっていく主人公を演じるのは、韓国が誇る演技派俳優、ソン・ガンホ。主演作は軒並みヒットを記録し、本作が韓国で公開された2014年には、韓国映画俳優協会スター韓国トップスター賞や第35回青龍映画賞で主演男優賞を受賞した。アイドルグループZE:Aのメンバーで、本作でスクリーンデビューを果たしたイム・シワンが不当に逮捕されたクッパ店の息子を好演。その演技力が高く評価され、俳優としての活躍の場を広げ、主演ドラマ「ミセン−未生−」も高視聴率を獲得した。
2015年、韓国映画史上初の累計観客数1億人を記録した個性派俳優、オ・ダルスが弁護士事務所を切り盛りするドンホを人情味たっぷりに演じている他、「太陽を抱く月」のキム・ヨンエ、「悪いやつら」のクァク・ドウォンらベテラン俳優が脇を固めている。監督は本作が長編映画デビュー作のヤン・ウソク。

【CAST&STAFF】
2013年/韓国/韓国語/カラー/127分/
提供:彩プロ、スプリングハズカム 配給:彩プロ
監督:ヤン・ウソク  脚本:ヤン・ウソク、ユン・ヒョノ  撮影:イ・テユン
照明:オ・スンチョル  音楽:チョ・ヨンウク
出演:ソン・ガンホ 「運命の王−歴史を変えた八日間」「観相師」「スノーピアサー」「凍える牙」
イム・シワン(ZE:A)「ミセン-未生-」「トライアングル」「太陽を抱く月」、
キム・ヨンエ「明日へ」「太陽を抱く月」クァク・ドウォン「傷だらけのふたり」「悪いやつら」、
オ・ダルス 「ベテラン」「国際市場で逢いましょう」「7番房の奇跡」

映画「弁護人」は、新宿シネマカリテほかにて絶賛上映中。

(C)2013 Next Entertainment World & Withus Film Co.

関連記事

特集記事

TOP