Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

映画初出演のイム・シワン(ZE:A)を監督が大絶賛!「弁護人」「戦場のメロディ」日本での2作連続公開キャンペーン開催!

2014年に韓国で公開されるや平日の3日間で100万人、1ヶ月間で1000万人を動員し、2014年の興行収入第4位という大ヒットを記録、更に韓国最大の映画祭・第35回青龍映画賞で最優秀作品賞・男優主演賞ほか数々の受賞をもたらした社会派ヒューマン映画『弁護人』が、11月12日(土)より新宿シネマカリテほかにて全国公開となる。

bengonin

日本でも知名度、人気ともに高いソン・ガンホ主演、軍事政権下の韓国で、実際に起きた「釜林(プリム)事件」をモチーフにした骨太な法廷ヒューマンドラマだ。また、本作は今最も注目を集める若手イム・シワン(ZE:A)の初出演映画であり、演技もできるアイドル“演技ドル”として活躍するきっかけとなった作品でもある。

作中でシワンは、不当に逮捕され、長時間の厳しい取り調べで心神喪失した青年という難役を体当たりで演じており、その演技力で数々の賞を獲得。彼の才能を見出したヤン・ウソク監督は、来日時に「本作の舞台が釜山なので、釜山の方言が使える人を探していて、釜山出身のシワンさんはちょうど合っていました。彼は意志が強くて努力家で、なによりもイケメンで。キャスティングする上で女性スタッフからの強力な後押しもありました(笑)また、撮影を通じて彼の発展していくさまが見えました。段々演技が上手くなっていき、終わる頃には彼は主演を張れるような役者になっていました。」と、彼の演技を大絶賛。

bengonin1

事実、本作の出演以降「未生-ミセン-」で主演を務めるなど、出演オファーの絶えない人気若手俳優の一人へと急成長を遂げている。

そしてちょうどシワンの初主演作である『戦場のメロディ』が、日本では明日10月29日(土)公開となり、シワン出演作が立て続けに公開されることを記念し、2作連動キャンペーンを実施することが決定!

2作連動キャンペーン詳細は以下の通り:

『弁護人』『戦場のメロディ』の両作品を鑑賞したお客さまにシワンのオリジナルグッズをプレゼント!

≪参加方法≫『戦場のメロディ』『弁護人』両作品の半券を応募用紙に添付し、シネマート新宿、新宿シネマカリテの各劇場窓口にお持ちください。両作品のオリジナルグッズをその場でお渡しいたします。
※先着順、数量限定 ※都内2劇場のみを対象としたキャンペーンとなります、ご了承ください。


≪イム・シワン プロフィール≫1988年12月1日、釜山広域市生まれ。
韓国の9人組の男性アイドルグループ、ZE:A(ゼア)のメンバー。2010年CDデビュー。12年に出演したテレビドラマ「太陽を抱く月」で主人公の兄役を演じ注目を集める。『弁護人』(13)で映画デビュー。劇中、激しい拷問を受けるシーンを演じるなど過酷な演技に挑戦し、高い演技力が賞賛を受ける。14年には、コリアドラマアワード2015で作品賞&優秀演技賞(男優部門) 受賞するなど、名立たる賞を総なめにし、韓国では社会現象にもなったドラマ「ミセン -未生-」に主演。『戦場のメロディ』(16)で映画初主演を飾る。現在、出演作のオファーが絶えない人気若手俳優のひとり。

■『弁護人』作品概要
11/12(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー!
【STORY】
軍事政権下の韓国で、実際に起きた「釜林(プリム)事件」をモチーフにした骨太な法廷ヒューマンドラマ。1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌが事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を耳にする。クッパ店の店主スネの切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち受けていたジヌの信じがたい姿に衝撃を受ける。多くの弁護士が引き受けようとしない事件の弁護を請け負うことに決めるが…。

【CAST&STAFF】
2013年/韓国/韓国語/カラー/127分/原題:변호인 提供:彩プロ、スプリングハズカム 配給:彩プロ
(C)2013 Next Entertainment World & Withus Film Co. Ltd. All Rights Reserved.
監督:ヤン・ウソク  脚本:ヤン・ウソク、ユン・ヒョノ
出演:ソン・ガンホ、イム・シワン、キム・ヨンエ、クァク・ドウォン、オ・ダルス

(C)2013 Next Entertainment World & Withus Film Co.


■『戦場のメロディ』作品概要
10/29日(土)シネマート新宿他にて全国順次ロードショー!
【STORY】
混乱の時代を駆け抜けた実在の「海軍児童合唱団」をモデルにした壮大なヒューマンドラマ。戦争まっただ中の1952年。愛する家族も大切な戦友も失ったハン・サンヨル少尉は、失意のまま最前線から釜山に転属。そこで彼を待ち受けていた任務は、両親を亡くした多くの戦争孤児の世話だった。チンピラの悪事に利用されていた孤児たちを集め、サンヨルは得意の音楽を活かし「児童合唱団」を作り、歌を教え始める。初めはぎこちなかった歌声にリズムと和音が生まれ、子供たちに笑顔が戻ったころ、戦地への慰問公演が決まる。だが、行き先は死と隣り合わせの最前線だった…。

【CAST&STAFF】
2015年/韓国映画/124分/シネスコ/カラー/5.1chデジタル /原題:오빠생각 配給:ハーク(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD.All Right Reserved.
監督:イ・ハン 脚本:イ・ウンジュン 出演:イム・シワン、コ・アソン、イ・ジュニュク、パク・スヨン、イ・ヒジュン

Comments

Scroll to top