Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

2017年オープン予定のUSJ新名所!「ミニオン・パーク」に名称決定!

開業15周年を迎え、新アトラクションやイベントを続々と展開し、連日多くのゲストで賑わうユニバーサル・スタジオ・ジャパン。2017年前半には世界最大級のミニオン・エリアをオープンする予定だ。この度、その名称を「ミニオン・パーク」と決定したことが発表された。 世界中から愛されるミニオンたちが大量発生することになるであろう「ミニオン・パーク」。「ミニオン・パーク」では、臨場感あふれるミニオン・アトラクション「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」をはじめ、朝から晩まで、「ミニオン」たちがエリアの至る所でハチャメチャな騒動を巻き起こし、笑いが止まらない大人もこどももみんな一緒に巻き込まれるエリアとなりそうだ。

minion

★想像を超える臨場感! ミニオンの新ライド「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」誕生!!
世界最大「ミニオン・パーク」の中心には 「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」が新登場 。アトラクションの舞台は怪盗グル―の邸宅兼研究室。グル―が発明した特別なビークル(乗り物)に乗り込んで、 研究室をめまぐるしく駆け巡ったり、思いっきりハジけ飛んだり、はたまた地の果てまで真っ逆さまに落ちたり“ハチャメチャ”大騒動のど真ん中へ飛び出す! 直径20mを超える巨大ナノシーム・ドームスクリーンに世界最新鋭高性能レーザープロジェクションシステム※2を使って投影される鮮明で色鮮やかな映像とライドの動きがぴったりシンクロし、ミニオンが繰り広げる想像を超える“ハチャメチャ″な臨場感を思う存分味わえる。

★ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでゲストのミニオン化現象が発生中。
前作の「ミニオンズ」では全米初日興収アニメ作品史上No.1を記録。 2015年、日本では興行収入約50億円をたたき出し、人気ハリウッド・アニメーションとして絶対的地位を確立したミニオンのキャラクター。 現在パーク内でも、ミニオン化現象が発生中。さらに、パークに訪れたゲストの3人に1人はミニオン関連商品を購入とのデータもある。また、2015年のハロウィーン・イベントでは2,000人のミニオン仮装ゲストがパークに集結し仮装パーティ会場が一面黄色に彩られた。 パークでは日常的に数多くのミニオン仮装のゲストを見かけるなど、もはや季節催事に関わらずミニオン人気を象徴するムーブメントが起こっており、「ミニオン・パーク」オープンを控えて、さらに活気づいていくことは間違いない。

ミニオンたちのうみの親「イルミネーション・エンターテインメント社」について:
2007年にクリス・メレダンドリが設立したイルミネーション・エンターテインメント社は、アニメ映画制作大手のひとつで、ユニバーサル・ピクチャーズと提携し、世界歴代興業収入2位を稼ぎ出した『ミニオンズ』や2013年アカデミー長編アニメ映画賞にノミネートされた『怪盗グル―のミニオン危機一髪』などの大ヒットシリーズを誕生させた。 2016年の『ペット』、2011年公開の『イースターラビットのキャンディ工場』や2012年公開の『ロラックスおじさんの秘密の種』など、イルミネーション社が制作した映画を全て合わせると、世界中の興行収入は40億ドルを超えている。
そして注目の新作『SING/シング』は、マシュー・マコノヒー、リース・ウェザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートンとトリー・ケリーの出演で2017年3月劇場公開決定。『怪盗グル―3(仮題)』はスティーヴ・カレル、クリステン・ウィグとトレイ・パーカーの出演で2017年夏に公開予定。今夏大ヒット作の続編『ペット2(仮題)』は2018年夏公開予定。新たにアニメ映画として描き直した『グリンチ(仮題)』は、 ベネディクト・カンバーバッチが主役のグリンチの声を担当し、2018年11月に全米公開予定で、2018年~2019年日本公開予定となっている。

Despicable Me, Minion Made and all related marks and characters are trademarks and copyrights of Universal Studios. Licensed by Universal Studios Licensing LLC. All Rights Reserved.
(C) & (R) Universal Studios. All rights reserved.

Comments

Scroll to top