西部劇不朽の名作『シェーン』の名台詞「シェーンカムバック!!」…この名場面“初”吹替!…そうだったのか!!!

エンターテイメント

現代の名声優の吹替によって名作映画を蘇らせるプロジェクト第4弾

スターチャンネル(株式会社スター・チャンネル:東京都港区 代表取締役社長・小坂恵一) は、 洋画史上に燦然と輝く不朽の名作西部劇『シェーン』を、 スターチャンネルオリジナルプロジェクト=新録・完全吹替版の最新版として蘇らせ、 8月11日(祝・木)より放送する。

shene
Shane™ & Copyright (C) 2016 by Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

スターチャンネルでは、ノーカットの吹替版が存在しない名作映画を、 現代の名声優の吹替によって蘇らせるオリジナル吹替プロジェクトとして、これまでに『荒野の七人』『カサブランカ』『太陽がいっぱい』を制作し、 好評を得て来た。

プロジェクト第4弾は、 視聴者からもリクエストが寄せられ、 待望久しかった西部劇不朽の名作『シェーン』。 ラストに少年がシェーンに向かって叫ぶ「シェーン、 カムバック!」があまりにも有名だが、 誰もが知っていて耳から離れないそのインパクトゆえに、実はその部分だけは、これまでの吹替版では原音のままで、吹替られてはいなかったのだ。

その名台詞を、『そして父になる』など多くの映画、 CMなどで今一番注目される子役の一人、二宮慶多くんがジョーイ少年として吹替を担当、 原台詞とは異なる余韻を残す“名台詞”が誕生。 

日本での映画公開当時もその言葉には様々な解釈があり、今回も多くの“案”が検討されたが、感傷の中に希望を感じさせる日本語台詞に仕上がっているということで、是非放送を楽しみにしたい。

シェーンは、声優としてはもちろんのこと、声優以外でも活躍する山寺宏一さんが吹替を担当。そのほか、日高のり子さん、高木渉さん、谷田歩さんなど豪華声優陣をそろえ、新録・完全吹替版ならではの“新鮮な”『シェーン』になっているという。 

<『シェーン[新録・完全吹替版]』放送概要>

【STAR3 吹替専門】8月11日(祝・木)よる9:00 ほか

映画作品ストーリー:
南北戦争後の西部。厳しい大自然と横暴な牧場主との軋轢に苦しむ開拓民一家のもとに現れた一人の流れ者。柔らかな物腰の中に、時折暗い影を見せるシェーンと名乗るその男は、やがて、開拓者たちと友情で結ばれていく。 しかし牧場主の暴力が激しくなっていく中、再び銃を手に最後の戦いに挑む…。

製作・監督:ジョージ・スティーヴンス
出演:アラン・ラッド ジーン・アーサー ヴァン・へフリン ブランドン・デ・ワイルド
ジャック・パランス ベン・ジョンソン
1953年/アメリカ/119分/モノラル

関連記事

特集記事

TOP