Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

今年はオリンピックイヤー。『栄光のランナー/1936ベルリン』で2大オスカー俳優の演技対決!“ヒトラーのオリンピック”に出るべきか否か、アメリカが下す決断とは?

1936年のベルリンオリンピックでヒトラーの鼻を明かし、逆境に打ち勝った<四冠メダリスト>ジェシー・オーエンスの勇気の実話を描いた『栄光のランナー/1936ベルリン』が、8月11日(木・祝)より、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開となる。

根深い人種差別の残る、第二次大戦前最後のベルリンオリンピックにて、4つの金メダルを獲得する快挙を成し遂げた偉大な黒人選手が存在した――。本作は、伝説の陸上選手ジェシー・オーエンスが偉大な記録を打ち立て、世界中に衝撃を与えるまでの激動の2年間を描いた感動のドラマである。伝説のアスリート・ジェシー・オーエンスを演じるのは、『グローリー/明日への行進』で公民権運動の活動家ジョン・ルイス役のステファン・ジェイムス。そしてオーエンスのコーチ、ラリー・スナイダー役には『モンスター上司』の出演や『アングリーバード』の主役レッドの声も務めるジェイソン・サダイキス。メガホンを取るのは『プレデター2』のスティーヴン・ホプキンスという絶妙な顔ぶれだ。

さらに、名優ジェレミー・アイアンズ&ウィリアム・ハートがしっかりと脇を固めている。そしてこの度、2人が火花を散らし熱弁をふるう討論シーンが公開となったので紹介しよう。意外にも本作で初共演を果たした、ハリウッドの2大俳優、ジェレミー・アイアンズとウィリアム・ハート。2人のオスカー俳優が討論でぶつかり合う本編映像は要チェック!

アメリカオリンピック委員会委員長のエレミア・マホニー(ウィリアム・ハート)はナチス政権のユダヤ人迫害に反対して、ベルリンオリンピックをボイコットしようと動いていた。一方、委員会の陰の実力者であるアベリー・ブランデージ(ジェレミー・アイアンズ)は、スポーツに政治を持ち込むべきではないと意見を述べ、ベルリンオリンピックへの参加運動に全力を注いでいた。投票日当日、お互いの熱い演説が交わされる―。

Jeremiah Mahoney

AveryBrundage

ジェレミー・アイアンズは、自身が演じたブランデージについて、「オリンピックが開催される国の政治状況を理由に、参加を辞めるべきかと言う問題は今日でも続く論争だ。ブランデージの主張がなかったら、ジェシー・オーエンスは、ヒトラーの鼻を明かすことはできなかった」と彼の意見への理解を示す。一方ウィリアム・ハートは、「アメリカがオリンピックに参加することで、オリンピック規約の不正利用を承認することになるというのが、マホニーの意見だった。オリンピックやアマチュアスポーツの主な主旨は、市民の名誉を讃えることにある。そういった名誉が買収されてはならないと示すことが、彼にとって重要だったのさ」とマホニーの意見を解釈している。

政治を優先するか、スポーツ精神をとるか。現代にも通じる、スポーツと政治の関わり合いについて考えさせられる本作。80年前の夏、オリンピックをめぐり裏で何が起こっていたのかを知ることができる作品となっている。オリンピック開催年のタイムリーな今年、ぜひ劇場で鑑賞したい。

『栄光のランナー/1936ベルリン』は、8月11日(木・祝)、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。

【作品ストーリー】
貧しい家庭に生まれながらもジェシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス)は、中学時代から陸上選手として類稀な才能を発揮していた。家族の期待を一身に背負ってオハイオ州立大学に進学した彼は、コーチのラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)に出会う。オリンピックで金メダルを獲得するべく日々練習に励むオーエンスだったが、当時のアメリカ国内では、ナチスに反対してオリンピックのボイコットを訴える世論が強まっていた。さらに、ナチスの人種差別政策は黒人であるオーエンスにとっては認めがたいものであった――。

監督:スティーヴン・ホプキンス 脚本:ジョー・シュラップネル&アナ・ウォーターハウス
出演:ステファン・ジェイムス、ジェイソン・サダイキス、ジェレミー・アイアンズ、カリス・ファン・ハウテン、ウィリアム・ハート
原題:RACE/2016年/アメリカ・ドイツ・カナダ/上映時間:134分/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:杉田朋子
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES 公式サイト:eiko-runner-movie.jp/
© 2016 Trinity Race GmbH / Jesse Race Productions Quebec Inc. All Rights Reserved.

Comments

Scroll to top