映画「キング・オブ・エジプト」で輝きを放つ“ポスト・オーランドブルーム”の呼び声高いブレントン・スウェイツ来日決定!

エンターテイメント

世界20カ国のオープニング興行収入No.1を記録した超ド級の冒険スペクタクル映画『キング・オブ・エジプト』が、日本でも9月9日(金)より公開となるが、この度、本作で主演・ベック役のブレントン・スウェイツとベックの恋人・ザヤ役のコートニー・イートンが初来日することが決定した。

poa

愛する恋人を救うため、エジプトのヒーローになっていく主人公・ベック役を務めたのは、ブレントン・スウェイツ。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作にジャック・スパロウの相棒役として参戦し、“ポスト・オーリー”(オーランド・ブルーム)として注目を集めているイケメン俳優だ。そして、可憐なベックの恋人・ザヤ役には、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でも囚われた美女を演じたコートニー・イートン。二人とも身長180センチ越えの美男美女! 次世代を担う若手ハリウッドスター二人の初来日は、8月下旬に予定されている。

ブレイトンからは今回の来日について、「とても大がかりな撮影で5~6か月かかって撮影しました。その前にも2か月くらい肉体のトレーニングを積みました。そんな映画がやっと出来上がりました!このたびやっと日本でお披露目できて、さらにはその場に立ち会えるなんてとても嬉しいです!」と来日を楽しみに待っている様子のコメントが届いた。

来日予定の二人のプロフィールは以下の通り。
◆ブレントン・スウェイツ (ベック)
1989年8月10日生まれ。地元オーストラリアでキャリアを積み、全米テレビシリーズ「ブルーラグーン 〜恋の目覚め〜」(12)に主演。ハリウッドでは『オキュラス/怨霊鏡』(13)、『ギヴァー 記憶を注ぐ者』(14)、『シグナル』(14)などに出演。『マレフィセント』(14)ではフィリップ王子を演じ、注目を浴びた。2017年8月公開『パイレーツ・オブ・カリビアン 5/Dead Men Tell No Tales』(原題)に出演が決定している。

◆コートニー・イートン (ザヤ)
1996年1月6日、オーストラリア生まれ。モデルを経て、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)で映画デビュー。囚われた花嫁たちの1人・フラジールを演じた。アジア系や、マオリ族の血を引くエキゾチックな容姿で世界中から注目を集めている。

そのほか、ニコライ・コスター=ワルドーやジェラルド・バトラーら男前剛腕中年イケメンたちも多数出演する。映画『キング・オブ・エジプト』は、9月9日(金)TOHOシネマズスカラ座ほかにて全国ロードショー。

(C)Photo Courtesy of Lionsgate.
 

関連記事

特集記事

TOP