Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

主演・松本潤、ヒロイン・有村架純、監督・行定勲で、禁断の純愛物語「ナラタージュ」が映画化!

2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生原作の恋愛小説「ナラタージュ」が映画化される。2017年秋に東宝=アスミック・エースで共同配給となる。

第25回野間文芸新人賞を最年少で受賞した島本理生(しまもとりお)が、20歳の若さで執筆した、狂おしいほど純粋に禁断の恋に落ちる二人を描いた恋愛小説「ナラタージュ」(2005年角川書店刊。累計発行部数35万部)。“ナラタージュ”(映画や演劇において人物の語りや回想によって過去を再現する手法)というタイトルの意味通り、ヒロインの回想によって構築されたこの小説は、スキャンダラスな内容ながらその文芸的評価も高く、第18回山本周五郎賞候補にも選ばれ、発売当時の文学界に大きな衝撃を与えた。

narratage_bunko_s-1

発売から11年。原作に出会ってから長年にわたり映画化を熱望し、企画・構想を温めてきた、恋愛映画の名手・行定勲監督(「世界の中心で、愛をさけぶ」「春の雪」)によって、満を持しての映画化となる。高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる―。眩いばかりのふたりの想いが放つ光と、思いあうほどに濃くなる純愛の陰影を、同時に紡ぎ出していく。

主人公:葉山貴司(はやま たかし)役には、最近高視聴率をたたき出したドラマ「99.9 -刑事事件専門弁護士―」でもその圧倒的な個性と際立つ存在感を見せつけた、松本潤(まつもと じゅん)。
「花より男子F」や「陽だまりの彼女」など、これまでの恋愛映画で見せてきたまっすぐな青年役とは違う、許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山を演じる。

葉山を全身全霊で愛する20歳の工藤泉(くどう いずみ)役には、「映画 ビリギャル」で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞を受賞し、2017年にはNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の主演にも選ばれた有村架純(ありむら かすみ)。全てを捧げてもいいと思える恋に、身も心もさらけ出し突き進む女子大生を、体当たりの演技で挑む。

有村架純

二人は行定監督とは共に初タッグ、映画初共演となるので、この3人が織りなす化学反応に注目したい。

本作は7月初旬にクランクイン。劇場公開は2017年秋予定となっている。

映画「ナラタージュ」は、2017年秋 全国ロードショー。

出演:松本潤 有村架純
監督:行定勲
脚本:堀泉杏
企画プロデュース:小川真司
原作:「ナラタージュ」(角川文庫刊)
配給:東宝 アスミック・エース

Comments

Scroll to top