2017年3月公開の神山健治監督新作『ひるね姫』、第一弾ポスタービジュアル解禁

エンターテイメント

『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』などで知られる神山健治が描く、父と娘の感動アニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。本作の公開が2017年3月に決定し、ティザー・ポスターが解禁、今週16日(土)より全国の劇場にて掲出となる。また本作制作を手掛けるシグナル・エムディのLINE公式アカウントも開設。LINE公式アカウントでは、本作の制作日誌や、プレミアコンテツを配信予定。

hirune_flyer表_0705_F_ol

「なんでこんなに1日中、眠てえんじゃろ?」。解禁されたポスターでは、犬のぬいぐるみを抱きかかえ、ロボット・ハーツの腕の中で気持ちよさそうに眠る女子高生・森川ココネの姿が描かれている。物語は、2020年、東京オリンピックを3日後に控えた夏の日。彼女の家族に事件が起きる。ココネが知らない両親の秘密――その謎を解く鍵は、彼女が眠る度にみる妙にリアルでとても温かい、不思議な夢の中にあった…!?

主人公ココネの声を担当するのは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロインを務めるほか数多くのドラマ、映画で注目を集める女優の高畑充希さん。自身初のアニメーション映画への参加で、高畑さんは劇中で岡山弁を披露します。「今年だけで3つめの方言の役です(笑)。方言は難しいですね。岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです。」と意気込み、今年10月にアフレコ収録をする予定。みんなに愛される新しい女子高生ヒロインを演じます。

そして本作を手がけるのは、『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』の神山健治監督。緻密に練られたストーリーとリアリティ溢れる本格的SF描写を得意とする神山監督が、「自分の娘に観せたい映画を作りたい」と完全オリジナル書き下ろしのファンタジーという新境地に挑む。ココネを抱きかかえ、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」のデザイン原案は『ベイマックス』のコヤマシゲトさんが担当。

物語の舞台は、岡山県倉敷市児島。瀬戸大橋のふもとにある穏やかな町にたった二人で暮らす父と娘。夢と現実がリンクするスリリングな物語と、そこですべてが明かされる知られざる家族の絆。お互いを想う親と子に寄り添うような温かな物語は、多くの人に感動と共感を集めるにちがいない。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』ストーリー
2020年、東京オリンピックを3日後に控えた夏の日。私の家族に、事件が起きた。
「なんでこんなに1日中、眠てえんじゃろ?」 岡山に父親と二人で暮らす女子高生の森川ココネは、所かまわず昼寝をしては怒られる。そんな彼女はある時、最近いつも同じ夢を見ていることに気づく。窮屈で、でもどこか温かいその夢は、彼女の知らない家族の秘密に繋がっていたのだった。

◆監督・脚本:神山健治『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』
◆音楽:下村陽子「キングダム ハーツ」 ◆キャラクター原案:森川聡子『猫の恩返し』 ◆作画監督:佐々木敦子『東のエデン』
◆演出:堀元宣、河野利幸、黄瀬和哉 ◆ハーツデザイン:コヤマシゲト『ベイマックス』 ◆クリーチャーデザイン:クリストフ・フェレラ
◆色彩設計:片山由美子 ◆美術監督:鮫島潔、日野香諸里 ◆3D監督:塚本倫基 ◆撮影監督:田中宏侍 ◆音響監督:はたしょう二
◆制作:シグナル・エムディ ◆配給:ワーナー・ブラザース映画 ©2017 ひるね姫製作委員会
公式サイト:http://www.hirunehime.jp 公式twitter:https://twitter.com/hirune_hime  公式LINE:シグナル・エムディ

関連記事

特集記事

TOP