ディズニープリンセスは、おとな女子の幸せへの特効薬だった!「シンデレラの法則」「ラプンツェルの法則」の効き目

アニメーション

2014年6月に出版された「私に、魔法をかけてDisney Princess Rule」(講談社)は、ディズニープリンセスの物語から幸せへのヒントを導き出した10万部超えのベストセラーとなった書籍。映画の名シーンや名ゼリフなどを分析していき、ディズニープリンセス7人の強い意志と精神力をルールにまとめ、プリンセスのルールを見習って自分の中のプリンセスを探す旅に読者を連れて行く。

今回、 その「私に、魔法をかけて」を書き上げた謎の魔法研究家ウイザード・ノリリーが、プリンセスそれぞれの個性にフォーカスし、 そのストーリーから人生がうまくいく法則を集めた新刊「シンデレラの法則」「ラプンツェルの法則」を執筆。ウイザード・ノリリーは、 以下のメッセージを届けている。「日本の女性は、“この人になりたい”と目指す像がなかなかみつけられないのです。「大和撫子」といった古き良き女性像は、今の時代ではすでにまぼろしです。だからこそ自らの努力で幸せを手にしたシンデレラとラプンツェルの姿に、女の子たちは憧れ、自分もこう変わりたいと願っているのだと思います。」

dpmain

作品紹介:
◆ウイザード・ノリリー 著
◆2016年6月23日発売
◆定価:各本体800円(税別)
◆文庫サイズ 144頁

★7月には「アリエルの法則」「ベルの法則」も発売される予定。 現代女性の手本となるディズニープリンセスブームはしばらく続いて行きそうだ。
 

関連記事

特集記事

TOP