Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

ちょっとワイルド過ぎ?でもそこがアレキサンダーカッコいい! 映画「ターザン:REBORN」日本オリジナル本ポスター完成

2016年夏、世界中を魅了してきた名作「ターザン」が「ハリー・ポッター」シリーズの監督&スタッフによって、全く新しいスタイリッシュ・アクション・エンターテイメント大作として生まれ変わる映画「ターザン:REBORN」が、7月30日(土)より2D/3Dにて全国公開となる。そしてこの度、本作「ターザン:REBORN」の日本オリジナル劇場本ポスターが完成!6月4日(土)から全国の劇場で一斉に掲出されている。

tarzanREBORN

本作で映画史上に残るキャラクターを新たに手掛けるのはデイビッド・イェーツ。日本でシリーズ累計960億円を突破したメガヒット作「ハリー・ポッター」シリーズの後期4作品、第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」から「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の監督を務め、「死の秘宝 PART2」では世界興行収入13億ドルを突破。2011年度最大のヒットという有終の美を飾り、今年11月23日には新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の公開も控え、世界中の映画ファンから高い評価を集める名匠です。そしてNTV系「金曜ロードSHOW!」では、イェーツ監督の長編映画初デビュー作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が明日6月3日よりOA! 以降3週連続で「死の秘宝 PART2」までがOAされる予定。

この<ハリー・ポッター祭り!>に日本中が熱狂する中、イェーツ監督の最新作「ターザン:REBORN」の劇場用本ポスターが遂に解禁。大ヒットメーカーであるイェーツ監督の元には全世界からあまたの企画が届く中「最も興味深く、新しく、楽しいものだった」と自信を持って手掛けた本作。絶大数の<ハリポタ>ファンがいる日本に向けて作成された日本オリジナル版は「ハリー・ポッター」のビジュアルカラーでもあった「ブルー」の世界観。神秘的なジャングルの中、疾走するターザンの姿は、<圧倒的>スケールと唯一無二の世界観を感じさせる仕上がり。

イェーツ監督といえば、原作のテイストを踏襲しながらも、新たに洗練されたダークな要素を取り込み「ハリー・ポッター」に新たな息吹を吹き込んだことで高く評価されている。そんな監督の描く新たなターザンは、類人猿に育てられた男が、都会の生活に慣れていくという、これまでのストーリーとは一線を画した、<全てを手に入れた男が、ジャングルに戻る>という真逆のオリジナルストーリー。まるで英国発の映画「007」シリーズのジェームズ・ボンドを彷彿とさせるほどスタイリッシュなターザンの姿は、「ハリー・ポッター」同様に、これまでのイメージと常識を覆す存在として、早くも日本中の女性を魅了している。また本作は監督のみならず、美術監督スチュアート・クレイグ、編集マーク・デイ、製作デヴィッド・バロンと「ハリー・ポッター」シリーズのスタッフ集結。

さらに、劇中では、ジャングルを縦横無尽に飛び回るターザン・アトラクションはもちろん、地鳴り轟かせ押し寄せるヌーの大群、水しぶきをあげ激しく岩場を駆けるゴリラ、ジェーンを襲う獰猛なカバなど、本作ならではの最先端の技術による動物たちとのシークエンスが壮大なスケールで描かれるとあって、息を呑むこと必須。大迫力のポスターとともに、「この夏一番の爽快感」が待ちうける「ターザン:REBORN」の続報に期待が高まる。

「ターザン:REBORN」は、7月30日(土)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他2D/3D全国ロードショー。

監督:デイビッド・イェーツ(「ハリー・ポッターと死の秘宝Part1、Part2」ほか「ハリー・ポッター」シリーズ) 
キャスト:アレクサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビー、サミュエル・L・ジャクソン/クリストフ・ヴァルツ
原題:The Legend of TARZAN
(C)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

Comments

Scroll to top