Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Jun 06, 2016

映画「貞子vs伽椰子」vs「監獄レストランザ・ロックアップ」のコラボで気持ち悪いけど美味しい料理が出てきます

「リング」シリーズの貞子vs「呪怨」シリーズの伽椰子、そして、監獄レストランとしてお馴染みのザ・ロックアップがタイアップ。サブライムグループ株式会社パートナーズダイニング(本社:新宿区西新宿、代表取締役社長:中村英樹) は、監獄レストラン ザ・ロックアップ13店舗にて映画「貞子vs伽椰子」(6月18日(土) 全国ロードショー)との最恐タイアップメニュー全7品を6月7日(火)よりスタートすることを発表。(※札幌ノルベサ店、広島店、天神店の3店舗は6月8日(水)よりスタート)

sadakovs

【開催店舗】
ザ・ロックアップ 13店舗全店
池袋店、新宿店、渋谷店、上野店、大宮店、新潟店、名古屋店、梅田店、あべの店、神戸店
※以下3店舗は6月8日(水)スタート
広島店、天神店、札幌ノルベサ店

【映画「貞子vs伽椰子」vs「監獄レストラン ザ・ロックアップ」タイアップメニュー 概要】
「貞子vs伽椰子」のイメージカラー青と赤をモチーフにしたvsメニュー全7品(※税別)

貞子の青い呪いソース掛け唐揚げ
恐怖を煽る青いタルタルソース
530円

伽椰子の赤い呪いソース掛け唐揚げ
執着の深さを現す赤いタルタルソース
530円

貞子vs伽椰子 絡み合う怨念ガーリック風味
スナックも遂に禁断の領域へ!
380円

…など、身体に悪影響を及ぼすのではと心配になるような(笑)呪いのかかったメニューが盛りだくさん。

「貞子vs伽椰子」は、世界中に呪いをまきちらした2大ホラーキャラクターが激突する映画で、近代日本ホラー史上に残る歴史的プロジェクトと言っても過言ではない。「リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子、20世紀から21世紀への変わり目に相次いで出現したホラーヒロイン。恐怖レベルを別次元に押し上げ、その凄まじい怨念の衝撃が多くの映画ファンのトラウマとなったと共にシリーズ化された。さらに、ハリウッド・リメイクも製作された「リング」「呪怨」は、和製ホラーの最恐ブランドとして世界的に認知されているが、ホラー界の二大巨頭を同じ世界観の中に登場させ、まさかの接近遭遇と対決をクライマックスに据えた世紀のスーパープロジェクトがここに完成。この記念すべきロードショーを、せっかくなので美味しい料理と共に味わいましょう。

「貞子vs伽椰子」は、6月18日(土)全国ロードショー

出演:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里/甲本雅裕/安藤政信 監督・脚本:白石晃士
制作・配給:KADOKAWA 
©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
映画公式サイト http://sadakovskayako.jp
 

Comments

Scroll to top