アニメ、映画、ドラマのイッキミ競争加速。Amazonプライム・ビデオ、キッズ・ファミリー向けコンテンツを続々と配信スタート

エンターテイメント

Amazonプライム・ビデオではこの春から「まんが日本昔ばなし」「ドラえもん」「妖怪ウォッチ」「ハローキティ」「仮面ライダー」「キン肉マン」などキッズ・ファミリー向けコンテンツを続々と配信スタートしている。

amazon

Amazonでは、Amazonプライム会員向けに提供している見放題・映像配信サービス、Amazonプライム・ビデオにて、国民的アニメ「ドラえもん」や「妖怪ウォッチ」、世界中で人気のアニメ「おさるのジョージ」や「スポンジ・ボブ」、楽しく英語が学べる知育テレビアニメ「ドーラといっしょに大冒険」など、子供から大人、そして家族みんなでお楽しみ頂けるファミリー向けの映画やテレビドラマの配信も強化。

Amazonオリジナル作品の「クリエイティブ・ギャラクシー」「タンブルリーフ」「ウィッシュンプーフ!」では、4月22日より英語版(日本語字幕版)も視聴可能に。また、Amazonの日本オリジナル作品となる「仮面ライダーアマゾンズ」や歴代の「仮面ライダー」シリーズも好評配信中で、「まんが日本昔ばなし」や「忍者ハットリくん」などの懐かしのテレビアニメから、「12歳。」「ベイレブードバースト」などの最新アニメや大ヒットの最新映画「ミニオンズ」まで、様々なジャンルのキッズ・ファミリー向けコンテンツを配信中だ。

そのほか、「クレヨンしんちゃん」の映画とテレビシリーズ、「しまじろう」の映画とテレビシリーズ、「ハローキティ」シリーズ、「怪盗グルーの月泥棒」、「ふうせんいぬティニー」、「ミュータント タートルズ」、「まほうのレシピ」、「みんなのウミズーミ」、「ブルーズ・クルーズ」など、多岐に渡るラインナップで、今後ますます定額制デジタル映像配信での視聴競争が激しくなりそうだ。

関連記事

特集記事

TOP