「ULTIMATE BEASTMASTER」をNetflixで製作決定! プロデューサーにシルヴェスター・スタローン

エンターテイメント

Netflix

Netflixが世界トップレベルのアスリートが結集し肉体の限界に挑むグローバルなスポーツエンタテインメントシリーズ「Ultimate Beastmaster(アルティメット・ビストマスター)」の製作を発表した。手掛けるのは、筋肉に関しては伝説のスーパースター、シルヴェスター・スタローン (「ロッキー」シリーズ、「クリード チャンプを継ぐ男」、「リベンジ・マッチ」) と、アメリカのリアリティーショーのヒットメーカーであるデーヴ・ブルーム (「The Biggest Loser (原題)」、「Strong (原題)」)。

他に類を見ない世界初の国際競技シリーズ「Ultimate Beastmaster」は、参加国であるアメリカ、ブラジル、韓国、メキシコ、ドイツ、日本の言語(計6ヵ国語)で製作され、Netflixで全10話一挙に全世界同時配信される予定だ。

この作品では、全10話で、各国から18名ずつ、計108名の参加者が登場する。約1時間の各エピソードで、各国2名ずつ、計12名の出場者たちが史上最も過酷な障害物コース、「ザ・ビースト」に挑戦。各回の勝者は「ビーストマスター」に輝き、シーズン最終回では、第1回から第9回の勝者たちが「Ultimate Beast Master(究極のビーストマスター)」の座をめぐってバトルするというもの。

アメリカ、ブラジル、韓国、メキシコ、ドイツ、日本における各国版の様子は、現地の著名人やスポーツ選手により実況されるとのこと。各国のホストは以下の通り。

■アメリカ:
テリー・クルーズ (「Brooklyn Nine-Nine (原題)」、「リディキュラス・シックス」)
カリッサ・トンプソン (「Extra TV (原題)」、「Fox Sports (原題)」)

■ブラジル:  
アンデウソン・シウバ (UFC世界ミドル級王者)
ラフィーニャ・バストス (コメディアン、ジャーナリスト、TVタレント)

■韓国:
ソ・ギョンソク (俳優、コメディアン、TV司会者)
パク・キョンリム (女優、コメディアン、TV司会者)

■メキシコ:
イネス・サインツ (ジャーナリスト、スポーツキャスター、TV司会者)
ルイス・エルネスト・フランコ (俳優、プロデューサー)

■ドイツ:
ハンス・サーペイ (元サッカー選手、TVタレント)
ルーク・モックリッジ (コメディアン)

■日本:
秋元才加 (女優)
近藤祐司 (スポーツキャスター)

企画制作とエグゼクティブプロデューサーを兼任するデーヴ・ブルームは次のように話している。「Netflixと組んで制作することができ、とてもうれしく、また光栄に思っています。Netflixはインターネット配信の草分け的存在ですが、この世界初の画期的なシリーズの配信にもってこいのプラットフォームです。世界各国の体力自慢の男女が現代のモンスターともいうべきこの桁外れに過酷なコース、『ザ・ビースト』に挑む様子を視聴者の皆様にお届けできるのはたまらないことですね」。

「クリード チャンプを継ぐ男」で本年度アカデミー賞にもノミネートされた、本作のプロデューサーのシルヴェスター・スタローンは、「Netflixやスーパープロデューサーのデーヴ・ブルームからこの革新的な企画の話を聞いて、居ても立ってもいられなくなりました。世界中から屈強なアスリートたちが集結して過酷なコースに挑み、チャンピオンやヒーローになっていく様子を世界中に配信できるわけですから。コースの過酷さは他に類がなく、製作に関わることができて本当にワクワクしています」とコメントしている。

さらにNetflix インターナショナル オリジナルコンテンツ バイス・プレジデントのエリック・バーマックは次のように話している。「6ヵ国から、バトルを勝ち抜いた出場者が対決し、それぞれの国の視聴者に人気のある著名人と解説者が実況するというユニークなイベントの企画だけでなく、その全エピソードを複数の言語で世界中のメンバーに同時配信できるのは、グローバルなインターネットTVネットワークをもつNetflixだからこそできることです。それにスタローン氏とデーヴ・ブルーム氏が陣頭指揮するわけですから、前代未聞の面白さになることは間違いないでしょう」。

公式ウェブサイト:http://www.beastmastercasting-jp.com/

関連記事

特集記事

TOP