「ソニーがあのゴースト捕獲装置開発に成功!」という、エイプリルフール的映画PRがイイ!

エンターテイメント

本日4月1日はエイプリルフール。あちらこちらで続々と“エイプリルフール”施策の冗談やユーモアが飛び交っているが、この期を利用した、映画「ゴーストバスターズ」の映画プロモーションがあまりにも嘘なのにちゃんとしたリリースが発表されていて、ちょっと面白い。

使用イメージ画像

実際に出されたリリースがこちら!

2016年4月1日
ソニー株式会社

ソニーが世界初、ゴースト捕獲装置の開発に成功
心霊体を捕える「プロトンパック TM」、実用化へ

ソニーは、異次元の物体を捕獲する装置「プロトンパック」の開発に成功しました。
 
30年を超える開発期間を経て実用化されたプロトンパックには、既にご好評いただいているソニーの各種製品に搭載された最新技術が搭載されています。プロトンパックは重さ6.66キログラム。ソニーモバイルコミュニケーションズのXperiaスマートフォンにも搭載されているSTAMINAモード(R)を採用することで、バッテリーを長持ちさせることができます。さらにプレミアムコンパクトカメラ サイバーショットRXシリーズに採用されているスーパースローモーション機能によって、毎秒960フレームの高速動画撮影に対応。被写体の動きを正確に記録します。内蔵の4K超短焦点プロジェクターでは、捕獲した物体をリアルタイムで映し出すことができます。さらにプロトンパックは近距離無線通信技術NFCにも対応しており、液晶テレビブラビアやXperiaスマートフォンなどのソニー製品にワイヤレスで接続し、捕獲物体を閲覧・転送・シェアしたり、画像をキャプチャして編集することも可能です。プロトンパックは、防水・防スライム機能も備えています。

プロトンパックは、ソニーのエンジニアと、原子力および軍需技術の専門家であるジリアン・ホルツマン氏によって共同開発されました。

ソニー株式会社 社長 兼 CEO 平井一夫のコメント
「プロトンパックの完成は、コロンビア大学のスペングラー博士が開発に着手して以来、世界の名だたる技術者にとって長らくの夢でした。今回の偉業は、常にイノベーションを追求し続けるソニーの姿勢を示したものであり、また、私たちソニーのミッションにおいて非常に重要な『WOW』をまさしく体現するものです。」

プロトンパックには、最先端の小型超伝導加速装置を搭載し、水素プラズマ細胞から抽出されるプロトン(陽子)の動きを加速させることで、ゴーストの捕獲を可能にしました。内蔵の液体ヘリウムタンクが加速時の超伝導温度を一定に保ち、さらに超低温冷凍機能を実現することで、低温デュワーをはるかに上回る長時間駆動が可能です。さらに本機には自動光線操縦技術を採用し、人間工学に基づいて設計された操作バーにプロトンビームを自動的に誘導。この操作バーはプロトンビームの射程精度を最大限に高められる空洞共振器の役割も兼ねています。バックパック形状の本体は、お使いいただく方の背中に自動的に貼り付き、さらに心霊体によるノイズ反響も低減します。

本製品の日本国内での展開は、2016年8月19日を予定しています。

<主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。>
プロトンパック http://www.projectpp-0401.jp

プロトンパック製品


ということで、ちゃんとhttp://www.projectpp-0401.jp/ の商品解説ページのURLまで用意されている。ゴーストバスターズを知らない世代にとってはかなり「???」な内容だが、ファンにとっては結構嬉しいエイプリルフールネタである。

スぺングラー博士と、

左のメガネがスペングラー博士

ジリアン・ホルツマン(この夏、活躍します)

ソニーと共同開発したジリアン・ホルツマン博士

映画「ゴーストバスターズ」は、8月19日(金)全国ロードショー。

予告第一弾はこちら

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

関連記事

特集記事

TOP