Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

「第58回アジア太平洋映画祭」が台北市で開催。日本からも多彩なゲストが登場!

2018年9月1日(土)、アジアで最も歴史のある映画祭「第58回アジア太平洋映画祭(58th Asia Pacific Film Festival)」が台北市で開催された。中華圏で大人気のレイニー・ヤン、女優のチャン・チュンニン、モデルのパフ・クオらが登場、日本から、DJ KOO、ピコ太郎、孝藤右近、FAKY、Beverly、大沢樹生、桜庭ななみ、仲川遥香、扇けいがゲスト出演し、アジア各国のトップスターと映画関係者が集まる華やかな祭典となった。

 

 

前夜祭のメインイベントでは、DJ KOOと孝藤右近がDJと日本舞踊のコラボレーションパフォーマンスを披露して会場を盛り上げ、授賞式ではピコ太郎が最優秀音響賞のプレゼンターとして登場、FAKYとBeverlyはスペシャルステージでパワフルなパフォーマンスを披露。イベントの模様は台湾大手メディア「TVBS」を通じて台湾全土に生中継された。

 

 

 

 

 

アメリカ・イギリス・オーストラリア合作の「ライオン ~25年目のただいま~」が最優秀作品賞を受賞。今回最多8部門でのノミネート作となった、台湾・ミャンマー・フランス・ドイツ合作の「マンダレーへの道」からミャンマー出身のMidi Z監督が最優秀監督賞を、イラン映画「Appendix」から俳優Amir Ali Danaeiが最優秀主演男優賞を、香港映画「黄金花」から女優テレサ・モウが最優秀主演女優賞をそれぞれ受賞した。また、最優秀新人賞は、タイ映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」に出演した女優チュティモン・ジョンジャルーンスックジンが受賞した。

 

 

 

アジア太平洋映画祭は、昨年は中国開催、今年は台湾開催とアジア各国の加盟国で開催されており、来年はオーストラリアでの開催が予定されている。

Comment

Scroll to top