Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Jun 23, 2018

週末は印旛沼でサイクルツーリズムデビュー!? 佐倉市でタンデム自転車のレンタルがスタート!

千葉県・印旛沼湖畔に位置する「佐倉ふるさと広場」で、 7月1日(日)より二人でペダルをこぐタンデム自転車のレンタルが始まります。 

「佐倉ふるさと広場」は、印旛沼周辺のサイクルツーリズムの拠点になっており、 多くの方々が訪れます。

 

 

7月はひまわり畑、10月はコスモスを楽しむことができるほか、8月4日(土)には合計18,000発を打ち上げる千葉県最大級の花火大会「佐倉花火フェスタ2018」を開催。周辺には、印旛沼を一望でき、オートキャンプ&BBQが楽しめる「印旛沼サンセットヒルズ」や、親子で楽しめる「佐倉草ぶえの丘」もあり、幅広い年代が楽しめるアクティビティが豊富。

 

 

タンデム自転車は、二人乗り、三人乗りの自転車で、複数のサドルとペダルを直列に装備し、同時に駆動できる自転車で、レンタサイクルとして本格的にタンデム自転車を貸し出すのは千葉県内初となります。 これまでタンデム自転車は、千葉県では自転車の二人乗りにあたるとして公道を走ることができませんでしたが、 2018年4月より細則が一部改正され、走行が認められるようになりました。

 

アニメ「弱虫ペダル」の舞台にもなっている佐倉市。「佐倉ふるさと広場」の売店「佐蘭花(さらんか)」の中には、キャラクターのパネルが飾られています。

 

二人乗りのタンデム自転車は2台なので早い者勝ち。もちろん通常のシティサイクルや子ども用自転車のレンタルもあります。タンデム自転車のレンタルは身長や年齢制限がありますので詳しくはホームページ(http://www.sakurashi-kankou.or.jp/bicycle/)でご確認を。
すがすがしい湖畔でのサイクリングは週末の小旅行にもぴったり。天気のいい日にふらっと出かけてサイクルツーリズムデビューしませんか?

Comment

Scroll to top