Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

世界一有名な猫・ガーフィールド、生誕40周年の記念日に2つ目のギネス世界記録達成!

アメリカ生まれの大人気ネコキャラクター「GARFIELD(ガーフィールド)」は6月19日(火)に生誕40周年を迎えた。これにあわせ、LINE LIVE公式チャンネルで『ガーフィールドバースデーパーティー☆みんなでギネス世界記録に挑戦!』が配信、番組内でギネス記録に挑戦した。

 

© Paws. All Rights Reserved.

ガーフィールドは1978年に漫画家ジム・デイビスの手によって誕生。アメリカの41誌の新聞連載を経てテレビシリーズ、映画などの映像作品にもなり、世界中の人々から愛されているキャラクター。今や全世界の約2,600以上の新聞で連載、「通信社を通して、世界でもっとも広く配信されているコミック・ストリップ」としてギネス認定されている。現在カートゥーン ネットワークで、最新シリーズ「ガーフィールド・ショー4」が放送中。

 

 

今回ガーフィールドが挑戦したのは、“ハイタッチ”(「Most high fives given by a mascot in one minute」=1分間でマスコットが行ったハイタッチ最多回数)ギネス世界記録®で、ガーフィールドと共に挑戦に参加したのは「ガーフィールド部」(チームシンデレラ主催の日本最大級の女子高生イベント「シンデレラフェスvol.5」にて発足)に所属する女子高生たち25人。一見シンプルな動きに見える“ハイタッチ”も、記録達成にはかなりのハイスピードが求められ、本番に向けた練習では女子高生たちが、一定のペースを保つ“手拍子作戦”を編み出すなど、まさに試行錯誤の連続。

 

 

見事194回をマークし世界記録を達成した瞬間は全員が歓喜し、スタジオ中が熱気に包まれた。40周年という節目を彩るギネス世界記録達成という最高のプレゼントに、ガーフィールドも大喜び!見事ガーフィールドにとって2つ目となる、ギネス世界記録達成の瞬間が生配信された。

 

 

世界一有名な猫ガーフィールド、35周年にはFacebookにて1億以上の"いいね"を獲得し、40周年には2つ目のギネス記録達成。45周年、50周年に向けて次はどんなチャレンジに挑むのか乞うご期待!

Comment

Scroll to top