Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Feb 26, 2018

3月の香港は「アート」がいっぱい。「香港アートマンス」開催

香港の3月は、各地でアートイベントが行われ、芸術に触れるのに最適な1ヵ月間。このアートに満ちた「香港アートマンス」では、国際的にレベルの高いアートイベント、世界各国の舞台芸術プログラム、地元のコミュニティによるユニークなアートなど、様々な芸術が香港に集結します。高い評価を得ている国際的なアートイベントの数々が香港で開催されるので、今回はそれらをご紹介します。

「香港アートマンス」のキックオフイベントとなるのは、2月23日(金)から始まった「香港藝術節(Hong Kong Arts Festival (HKAF))」。今年で46回目を迎えるHKAFでは、3月24日(土)までの約1ヵ月、香港内外から1,700人を超えるアーティストが130公演を行います。 今年は、アメリカン・バレエ・シアターの「ホイップクリーム」、英国国立劇場の「夜中に犬に起こった奇妙な事件」、ウェールズ・ナショナル・オペラによるドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」といった有名作品の公演を予定しています。

1-hong-kong-arts-festival-2018_american-ballet-theatre_whipped-cream-gene-schiavone
詳しい情報はこちらからどうぞ。
URL:https://www.hk.artsfestival.org/en/ 

また、3月27日(火)から4月1日(日)までは、「アート・セントラル香港」が香港島・セントラルのハーバーフロント・イベントスペースで行われます。(3月26日(月)にはVIPプレビューと開会イベントを開催)今年で4回目を迎える本イベントでは、初参加の30ギャラリーを含む100以上の海外ギャラリーが参加。そのうち、75%以上がアジアパシフィックからの参加となり、過去最大のスケールでインタラクティブ展示、パフォーマンス、パネルディスカッションを含む様々なイベントが開催されます。 
詳しい情報はこちらからどうぞ。
URL:http://artcentralhongkong.com/ 

artbaselinhong-kong-2017l

さらに世界的に有名な国際アートフェア「第6回アート・バーゼル香港」が、3月29日(木)から3月31日(土)まで香港コンベンション&エキシビションセンターで行われます。32の国と地域から248のギャラリーが参加、そのうち28ギャラリーは、アジアパシフィック、ヨーロッパおよびアメリカからの初参加となります。20世紀前半の近代美術の傑作から最新の現代美術まで、ベテランおよび新進気鋭のアーティストによる作品を紹介します。
詳しい情報はこちらからどうぞ。
URL: https://www.artbasel.com/hong-kong 

3月の香港でアート三昧!ぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

Photo:
アメリカン・バレエ・シアターの「ホイップクリーム」
© Gene Schiavone

「第5回アート・バーゼル香港」(2017)の様子
© Art Basel


続いては、ローカル地区の味わい深いアート。

下町情緒が漂うローカルな街で行われる本格的で刺激的なアートイベントは、宝の山ともいえます。香港で最も歴史ある街のひとつである九龍の深水埗(シャムスイポー)は、今回の「香港アートマンス」の注目すべき場所のひとつです。香港青年藝術協会の主催するコミュニティアートプロジェクト「HK Urban Canvas」は、地元の有能なアーティストや学生が協力し、深水埗とその近隣にある各商店のシャッターに、店の歴史を物語るような10のアートを制作しました。3月下旬から4月上旬の週末には、そのアートや地域をめぐる無料のガイドツアーが開催されます。(ガイドツアーは中国語で行われます。詳細はFacebookで@HKUrbanCanvasのページをご参照ください。)

16-ssp_kung-chan

 「第6回アート・バーゼル香港」に訪れたら、是非、黄竹坑(ウォンチュクハン)のギャラリーホッピングもお楽しみください。黄竹坑を含む香港島の南側は2016年末にMTR南港線が開通したこともあり、香港のアートハブとして発展しています。3月29日(木)には、「South Island Art Day」が開催され、本地区の16のアートギャラリーやアートスタジオを解放、様々なエキシビションやパフォーマンスを行います。イベントやガイドツアーの詳細はwww.sicd.com.hk/ をご参照ください。

24-fotan_joy-art-club_winnie-davies

 新界にある工業ビルの狭間にも、いまだ知られていない今後注目のアート地区、火炭(フォータン)があります。 2000年以降、地域の家賃が手ごろになり、工業地帯から活気ある芸術的な街へと変貌をとげてきました。陶芸、彫刻、中国書画から現代アートまで、常に興味深い作品を見ることができます。3月31日(土)には、「Fotan Open Studios」が開催され、地元のアーティストによるワークショップ等が行われます。(詳細はwww.fotanstudios.org/ をご参照ください。)

最後に、見逃せないその他のアートイベント情報。

香港アートマンス期間中には、PMQ、フリンジクラブ、ホテル、そしてK11やパシフィックプレイスといった主要なアート・文化施設でイベントが開催されます。その中でも今年初開催となるのが、2月22日(木)から4月11日(水)まで香港島のビクトリア・ハーバー沿いで行われる「Harbour Arts Sculpture Park」です。森美術館館長の南條史生氏と、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツのアートディクレクターTim Marlow氏が共同キュレーターを務める本イベントでは、香港島セントラルからワンチャイにかけてのウォーターフロントに香港内外の現代美術作家の彫刻作品が18点展示されます。入場は無料です。また、3月3日(土)から29日(木)まで太古坊(タイクープレイス)のArtisTreeで行われる「Notating Beauty That Moves — Music at an Exhibition」は、アートと音楽のコラボレーションイベント。香港のアートな街並みがさらに楽しくなるので、この機会にぜひ香港へ!

詳しくは下記の香港政府観光局のホームページをご参照ください。
http://www.DiscoverHongKong.com/jp/see-do/events-festivals/highlight-events/hong-kong-arts-month.jsp

Comment

Scroll to top