Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Mar 13, 2017

アニメーション映画『GODZILLA』、Netflixと東宝のタッグで早期世界配信決定!

Netflixの日本法人である Netflix株式会社(本社:東京都港区)は、映画配給会社の東宝(映像事業部)と、本年配給されるアニメーション映画『GODZILLA』を劇場公開後、世界配信することを決定した。

pruseonly_netflix_gzl

昨年、公開された映画『シン・ゴジラ』が累計興行収入82.5億円の大ヒットを記録したゴジラ。約60年というゴジラの歴史で初挑戦となるアニメーション映画には2人の監督が起用されている。劇場版『名探偵コナン』の監督を11年から務め、昨年公開された劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』ではシリーズ最高63.1億円の興行収入を叩きだした静野孔文(しずの・こうぶん)氏と『亜人』のテレビシリーズと劇場版にて監督・総監督を務めた瀬下寛之氏がメガホンをとる。

そして、ストーリー原案・脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』、『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズで知られるニトロプラスの虚淵玄(うろぶち・げん)氏が務める。
 
またアニメーション制作は『シドニアの騎士』、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』などを手がけたCGスタジオ・ポリゴン・ピクチュアズが担当。

監督の静野氏は、本作について「ゴジラが大好きな人も、まったく知らない人も楽しめるアニメならではの壮大なスケールのエンターテイメントを目指しています。ご期待ください。」と意気込みを語り、もう一人の監督である瀬下氏は、 「虚淵玄さんと静野孔文監督、超個性的でグローバルセンスに富んだ才能を持つ二人のクリエイターと共に、壮大な世界観と人間ドラマを目指します。」と力強くコメント。

さらに、ストーリー原案・脚本を務める虚淵氏は「ゴジラというタイトルに関わらせていただけるのは、日本に生まれたクリエイターとして最高の名誉であると思っています。ここまで支えてくださった大勢の方々に感謝を捧げるとともに、そのご期待に添えるよう全力を尽くす所存です。」と話している。

本作の声優キャスト陣には、梶裕貴・櫻井孝宏・杉田智和・諏訪部順一・花澤香菜・宮野真守(五十音順)といった数々のヒット作にてメインキャストを務めてきた豪華声優陣が集結。


タイトル:『GODZILLA』
配信日:後日発表予定
監督:静野孔文/瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
出演:梶裕貴・櫻井孝宏・杉田智和・諏訪部順一・花澤香菜・宮野真守(五十音順)
製作:東宝
制作:ポリゴン・ピクチュアズ
コピーライト:(C)2017 TOHO CO.,LTD.

Comment

Scroll to top