Sally.asia

旅とエンターテイメントの情報サイト

  • Nov 09, 2016

いよいよ人類も本気で火星移住。ロン・ハワードが描く『マーズ 火星移住計画』11月15日より放送。

アカデミー賞受賞監督のロン・ハワード氏が人類の火星移住計画を描いた『マーズ 火星移住計画』が、ナショナル ジオグラフィック チャンネルで2016年11月15日 (火)より放送スタートとなる。

mars

本作は、西暦2033年という未来の世界を舞台に、人類初の火星移住計画を描くドキュメンタリードラマ。主人公である韓国系アメリカ人のミッション・スペシャリスト ハナ・スンなど世界中から厳選された個性豊かな6人の宙飛行士が火星でのミッションに挑む様子が描かれ、想定外のトラブルの発生や困難を極める火星でのミッションの模様など、宇宙を舞台とした作品ならではのストーリーが綴られる。本作の制作にあたっては、公的機関と民間企業双方の専門家による多数の協力の下、舞台設定、美術、脚本、演技指導を始め細部にわたるまでリアリティを追及することを重視し、ドキュメンタリー専門チャンネルであるナショジオならではのクオリティが実現。 さらに本作は、2033年という近未来を描いたドラマ部分に加えて、専門家たちのインタビューや現代の宇宙開発に迫るドキュメンタリーも含んだ構成になっており、今までにない斬新な映像表現に挑んでいる。 ドキュメンタリー部分ではNASA長官のチャールズ・ボールデンや、ナショジオでお馴染みの科学者ニール・ドグラース・タイソンなど、宇宙工学や最新科学の専門家たちのインタビューを中心に、現代の火星探査への取り組みが紹介されている。

<放送スケジュール>※都合により変更になる場合があります
『マーズ 火星移住計画』  (60分番組 × 全6話)
ナショナル ジオグラフィック チャンネルにて
2016年11月15日(火)放送スタート 毎週火曜 よる9時~ ほか

■番組特設サイト : http://natgeo.nikkeibp.co.jp/mars/index.shtml

Comment

Scroll to top